FC2ブログ

「拓(ヒラケル)」

4月24日のブログで、気仙沼地域開発(株)が内湾地区で計画していた(仮称)スローフードマーケットを、日本アムウェイ財団と合同で建設することになったと紹介しました。名称は「気仙沼アムウェイハウス(仮称)」であると。

その後どうなっただろうかと思っていましたが、1か月前、7月27日の三陸新報に前日26日におこなわれた地鎮祭に関する記事が掲載されていました。

ヒラケル
三陸新報7月27日記事の一部イメージ


コミュニティ施設の名称は「拓(ヒラケル)」です。記事によれば、シアターを備えたコミュニティーホールや生鮮食品を扱うマーケット、クラフトビール醸造所が入る計画です。気仙沼地域開発が運営し、建設は日本アムウェイ財団(佟 嘉楓代表)が手がけるとのこと。総工費2億6千万円は、同財団に寄せられた支援金で全額をまかないます。

建物は11月の完成予定で、早ければ12月に一部がオープンし、グランドオープンは来年中を予定しているとのことです。

「拓(ヒラケル)」という名称について、気仙沼地域開発の菅原昭彦社長は「施設名には観光客や市民がここに集まって交わり、コミュニティーをつくりながら地域の未来を“拓(ひら)”いてほしいとの思いを込めた」と語っています。

記事には、来月オープン予定の商業施設「スローストリート『結(ユワエル)』」という記述もありました。ヒラケルにユワエル。これらの名称を見て感じた私のとまどいについては日をあらためて。

4月24日ブログ「アムウェイハウス」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : ヒラケル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示