FC2ブログ

「微力ながら応援」

5月16日のブログで、新気仙沼魚市場の中に整備されたクッキングスタジオの開所式が18日におこなわれることと、その中で千葉憲二君の講演会や調理実演があることをお伝えしました。その様子が19日の三陸新報に紹介されていました。


クッキングスタジオ

三陸新報5月19日記事の一部イメージ


憲二君の講演テーマは「ふるさとと気仙沼と食」です。記事を少し引用します。

〈千葉さんは、気仙沼で同級生と還暦祝いを行った3週間後に発生した東日本大震災の直後、市民会館前でラーメンなどの炊き出しを行ったことに触れ、「頼もしい同級生たちのおかげでできた。寒い中、集まっていただいた皆さんの姿は忘れられない」と振り返った。カツオやサンマなど、食材豊かな気仙沼について「これだけ良い素材がそろっているのに、生かし切れていないのはもったいない。加工技術でインパクトある商品をぜひ作ってほしい。自分も微力ながら応援する」とエールを送った。メカジキを使ったメンチカツ、アイナメの刺身など調理実演もあった〉(引用は以上)

憲二君らの炊き出しは数度にわたり、震災前には気仙沼ラーメンに関する指導などもおこなってきた経緯があります。話のなかにあった〈微力ながら応援する〉との気持ちは本心から発したものでしょう。

なお、河北新報もクッキングスタジオ開所式のニュースを配信していました。

河北新報5月19日配信記事

憲二君、ご苦労さまでした。これからもどうぞよろしく。

5月16日ブログ「千葉憲二君講演会」
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示