FC2ブログ

2つの祝福と御礼

4月7日(日)、気仙沼大島大橋(愛称:鶴亀大橋)がついに開通。半世紀にわたる架橋の願いがやっと実現しましたね。おめでとうございました。これについては、また明日くわしく。

本日はもうひとつのお祝いについて。気仙沼つばき会さんが企画した新元号「令和」を記念する動画が4月3日に公開されました。



映像のなかでつぎのメッセージが語られています。

〈 新元号「令和」おめでとうございます。平成、いろいろとありましたが、世界中へ「ありがとうございます」。(つぎ、第2部。宣伝です)三陸道がつながりました。大島へ橋がかかりました。前よりもスムーズにおいでいただけます。世界中の皆さん。気仙沼に来てけらいん 〉

〈平成、いろいろとありましたが、世界中へ「ありがとうございます」〉というメッセージは、平成23年の東日本大震災で被災した気仙沼に対する世界中の皆様からのあたたかいご支援への御礼でしょう。〈三陸道〉(三陸沿岸道路/三陸縦貫自動車道)については、気仙沼〜仙台間は一部を除いて2月16日にほぼつながり、気仙沼から北に向かう宮城と岩手両県の県境部も3月31日につながったことを指しています。そして〈大島への橋〉は、4月7日に開通した気仙沼大島大橋(愛称:鶴亀大橋)です。〈来てけらいん 〉は、来てくださいの意。Come visit us in KESENNUMA !!

4月1日ブログ「三陸道で2県接続」

本日この動画を紹介したのは、気仙沼の皆さんがつくった映像を一人でも多くの方に見てもらおうと思ったことに加えて、もうひとつの理由がありました。気仙沼中学の同級生が登場していたのです。

白い羽織を着て〈大島へ橋がかかりました〉と語っているのは、菅原(及川)徳子さん(3年11組)です。このブログでは2度ほど紹介しています。4月7日の開通前の収録で、開通後の視聴も多いことを考えて、〈開通しました〉ではなく〈かかりました〉としたのでしょう。実際に鶴亀大橋の本体アーチ部が両岸に接合され、文字通り〈架橋〉されたのは、2017年3月29日午前9時45分のことでした。2年前のことだったのですね。

2017年4月3日ブログ「大島の夢の架け橋」

きのう4月7日の開通式の様子などはネットのニュースで見ることができました。地元紙の三陸新報は月曜休刊なので9日に詳しく報じてくれることでしょう。これについてはまた。

気仙沼大島大橋の無事の開通、本当におめでとうございました。そして多くの関係者の皆様、ご苦労さまでした。心からのお祝いと御礼を申し上げます。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示