南町 人情商店街

昨年9月9日のNHKテレビ「めげでられねっちゃ~気仙沼 南町・人情商店街の奮闘」。現在の「気仙沼復興商店街 南町紫市場」開設に向けての動きが紹介されました。

そして3月6日(火)のNHKスペシャルで、ふたたび南町紫市場が紹介されます。

<3.11 あの日から1年> 気仙沼 人情商店街
3月6日(火)午後10:00~10:49 NHK総合テレビ

NHKの番組紹介を引用させてもらいます。

「宮城県気仙沼市南町。漁港のほど近くに位置するこの地区は数々の商店が立ち並ぶ、市内随一の繁華街だった。震災後、見る影もなくなったこの場所で、復興への第一歩として、仮設のテナントをいくつも連ねた「仮設商店街」を作ろうと商店主たちは動き出した。 津波に全てが流され、資金もない中、いかにお金をかけずに、商売を再開させるのか。人々は商店街のリーダーを中心に知恵を絞り、目の前の問題をひとつずつクリアしていく。いよいよ迎えた、オープンの日。ほとんどの住民がいなくなった場所で、かつてのにぎわいを取り戻すことができるのだろうか。 さまざまな壁にぶつかりながらも、行動力と人情を武器に奮闘する、商店街の人々の姿を追いかけた。」

昨年の番組から約半年。12月末のオープン、そして震災から1年となるこの3月までのさまざまな動きが紹介されるでしょう。仮設商店街の多くは苦戦しているとも聞きます。紫市場も例外ではないでしょう。6日の夜、NHKテレビで南町のなつかしい店、なつかしい顔をみつつ、声援をおくりたいと思います。


NHKスペシャル<3.11 あの日から1年>はシリーズ企画で、つぎの5番組が予定されています。すべて午後10時からの49分間番組です。
3月5日(月)38分間~巨大津波 いのちの記録(釜石)
3月6日(火)気仙沼 人情商店街
3月7日(水)仮設住宅の冬~いのちと向き合う日々(岩手県大槌町)
3月8日(木)調査報告 原発マネー~“3兆円”は地域をどう変えたか
3月9日(金)南相馬 ~原発最前線に生きる

NHK番組サイト

9月9日ブログ「必見!NHK22時」
9月14日ブログ「紫の文字に託す」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 3月11日からのヒカリ 南町紫市場 NHK

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示