FC2ブログ

丸ビルの小山兄弟

3月22日(金)、このブログでも紹介した東京・丸ビルでのイベント「MARU de TOHOKU」(マル・デ・トウホク)に行ってきました。気仙沼のコヤマ菓子店がブース出展しているからです。宮城・岩手・福島3県から計14店が出店しています。午後1時過ぎの会場はこんな感じ。大勢の来場者でにぎわっていました。コヤマのブースはこの裏側のはず。



コヤマのブースがありました。故 小山隆市君(3年6組)の長男で現店主の小山裕隆さんもいます。三男で東京在住の晃宏さんもブースの中に入って接客中でした。なお、店名はコヤマですが、姓はオヤマ。

2_20190323133758527.jpg

お客様がとぎれた一瞬をねらって声をかけました。兄弟2人にブースの中に入ってもらって写真を一枚。

3_20190323133800560.jpg

左にうつる晃宏さんは昨年と同様に、会社を休んで手伝いに来たとのこと。兄に呼ばれ(笑)。裕隆さんに新店舗の計画などを聞きました。私からは、忙しいだろうけれどなによりも体調管理を一番にと。

隆市君が亡くなったのは震災後2年経った2013年1月14日。それからもう6年経ちました。いまだに、震災後の気苦労などが隆ちゃんの身体をむしばんだのではないかと思えてならないのです。それだけにね。

この日、私が購入したのは〈はまぐりもなかくっきー〉各種。中身はアーモンド風味のメレンゲクッキーです。プレーン味のほか、塩(気仙沼岩井崎産)、抹茶、黒糖、あんこ、チョコ、そして昨年末に新たに投入された薄型の米粉も。

この〈はまぐりもなかくっきー〉を週刊文春で矢野顕子さんが推奨してくれたことがありました。2013年5月20日のブログでその誌面を紹介しましたが以下に再掲。




週刊文春5月23日号誌面イメージ(クリックで拡大)


この商品、今では市内以外でも仙台国際空港総合売店や、仙台駅S-PAL2階、仙台パルコ2の5階、一ノ関駅1階などでも販売されています。首都圏では、横浜ワールドポーターズ「気仙沼PORT」でも。詳しくはこちらにて。

昨年に引き続き、丸ビルにて気仙沼小・中・高校同級生の息子たちが仲良く元気に接客しているのを見てうれしく思いました。父 隆市君も喜んでいることでしょう。

2013年5月20日ブログ「顕子さんご推薦」
スポンサーサイト

テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示