FC2ブログ

熊谷育美 遙かな青

本日3月6日、熊谷育美さんの新アルバム「遙かな青」が発売されました。今回のアルバムは育美さんのメジャーデビュー10周年の記念アルバムです。


遙かな青

Amazonサイトより


育美さんがメジャーレーベル「テイチクエンタテインメント」からデビューしたのは2009年11月18日のこと。アルバムは「人待雲」でした。2010年の堤幸彦さん監督の映画「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」では育美さんの作品「月恋歌」が主題歌となりました。2012年11月には2枚目のアルバム「光」を発表しています。このタイトル「光」には、震災からの復旧途上にある古里に思いを寄せ、「耐えしのんだ先の光は、きっと美しい」という自身のメッセージを込めたといいます。

2014年には、堤監督の映画「悼む人」の主題歌として「旅路」を提供しています。堤監督作品の主題歌としては4作目。同曲を収録したアルバム「PROCEED」は2015年1月21日に発売されました。そして、2016年6月のベストアルバム「Re:Us」をはさみ、今回のアルバム「遙かな青」の発表です。

「遙かな青」は2枚組。Disk-1ではこれまでの育美さんの代表曲のセルフカバーと新曲など10曲を収録しています。新曲のひとつは「道〜大船渡線」です。そしてDisk-2では地元東北の著名ミュージシャンとのコラボ作品や客演したキャンペーンソング、そして未発表のライブ音源などを収録しています。

3月5日の三陸新報でもこの新アルバム発売を紹介していました。

熊谷育美
三陸新報3月5日記事より


記事では、Disk-2に収録された曲「この場所で…」のことについて触れています。この曲は、一昨年に〈はまなすホール〉で上演された「星の一番きれいな港町」の挿入歌です。この演劇は、気仙沼出身の森まどかさんや小野寺志織さんらが上演しました。このブログでも紹介したので覚えている方もいらしゃるでしょう。

こうして地元紙が育美さんの活動を応援してくれるのはとてもありがたいことですね。記事には気仙沼市内での販売店情報が記されていました。3月7日から「海の市」「スタジオアート」(南郷)「ブルースカイマーケット」(南町紫神社前商店街)「炎」(赤岩石兜)です。

すでにこのブログでも紹介しているように、3月17日の〈めぐろパーシモンホール〉東日本大震災復興支援コンサートに熊谷育美さんも出演します。きっと新アルバムに収録された新曲も歌ってくれることでしょう。楽しみにしています。

熊谷育美さんのメジャーデビュー10周年を祝うとともに、新アルバムが多くの人に届くことを願っております
どうぞよろしく。


 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 熊谷育美 遙かな青

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示