FC2ブログ

漁師カレンダー展

一昨日2月20日の読売新聞朝刊の都内版地域面。〈気仙沼の素顔 直送〉との見出しで大きな記事が掲載されていました。


読売新聞
読売新聞2月20日朝刊記事の一部イメージ


東京・目黒区の「めぐろ区民キャンパス」で開催中の〈気仙沼漁師カレンダー〉企画展の紹介です。2019年版カレンダーは、気鋭の写真家 奥山由之(よしゆき)さんが撮影しました。記事では、漁師カレンダー制作の経緯の後に、制作会社「バンブーカット」さんが紹介されています。

〈取材は、目黒区の企画制作会社「バンブーカット」などに依頼した。スタッフやカメラマンが日の出前から魚市場を回って撮影の交渉をしたり、時には漁船に数日間同乗したりして密着取材してきた。同社代表の竹内順平さん(29)は「漁師は一匹狼のような性格なので、懐に入るに苦労したが、どの写真も素顔をさらけ出してくれている」と話す〉(引用は以上)

記事の写真にうつっているのが竹内順平さんです。昨年12月19日にFM/J-WAVEに出演したときには、バンブーカットさんが展開されている全国の梅干しの話に加えて、この漁師カレンダーの紹介もしてくださいました。ありがとうございます。

この企画展の会場を記事では「めぐろ区民キャンパス」と紹介していますが、すでにご紹介している3月17日の東日本大震災復興支援コンサート会場「めぐろパーシモンホール」のロビーフロアです。企画展は2月1日から開催されているのですが、最終日がコンサートの日3月17日となっています。観覧は無料です。

「めぐろ区民キャンパス」には、パーシモンホールのほか、図書館や体育館などもある複合施設です。以前は東京都立大学のキャンパスがあり、同校の移転によって目黒区の施設、スペースとなりました。最寄り駅は東急東横線「都立大学駅」徒歩7〜8分です。

コンサートにおいでの際には、どうぞこの企画展もご覧いただきますように。よろしくお願いいたします。


2018年11月7日ブログ「奥山由之の写真集」
2月12日ブログ「3/17のコンサート」
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示