FC2ブログ

祈念公園基本設計

気仙沼市の復興祈念公園の基本設計がまとまったと昨年12月29日の三陸新報が伝えていました。その記事を紹介します。

12月29日祈念公園
三陸新報2018年12月29日記事の一部イメージ

報じられたのは、12月27日の復興祈念公園施設検討委員会で了承された内容です。第8回目の委員会になるはずです。年明け早々にこのブログで紹介したいと思いつつも、ちょっと様子を見ていました。これまでの経過のなかで、三陸新報の報道内容がモニュメントのイメージなど、少し片寄っている印象もあったことからです。そのため、市の公式サイトで検討委員会の内容を理解してからの紹介にしようと思っておりました。

記事によれば、復興祈念公園には「追悼と伝承の広場」と「再生の広場」が設けられます。「追悼と伝承の広場」は、記事にイメージとして示されているゾーンです。その手前の円環状に配置されているものは犠牲者氏名などが記された銘板。その奥ににあるのが高さ10mのモニュメント(仮称・祈りの帆)で、合掌のような形状で内部に献花台が設けられます。「再生の広場」は、イメージ図には描かれていませんが、左上の方向、つまり旧 ホテル望洋方向に設けられます。桜の植樹やベンチの設置にとどめる計画。

市は、モニュメントや銘板を寄付で立てる考えで、通常寄付で3千万円、インターネットを通して資金を募るクラウドファンディングで2千万円を目標に集めるとのこと。寄付者の名前も掲示されます。また、この広場には複数のオブジェが設置されます。まずは複数設けて、その後に毎年1基ずつ増やす計画です。このクラウドファンディングについては、1月19日の三陸新報が伝えています。

クラウドファンディング
三陸新報1月19日記事の一部イメージ

1月28日から3か月間で、2千万が目標。寄付は国内大手クラウドファンディングサイト「Readyfor」(レディーフォー)で受け付けます。1回最低3千円で、最高100万円までとのこと。1万円以上寄付した人の氏名を、希望により公園内に設置する銘板に刻むとのことです。以上が復興祈念公園の基本設計とクラウドファンディングの内容です。

やっと基本設計がまとまりましたね。アイデアコンペの審査が行われたのは昨年3月20日の第3回検討委員会でした。当初は、コンペの総合部門で優秀賞に選ばれた神戸大学准教授の槻橋修さんの提案を核として、6月末までに基本設計を策定する計画でした。しかし、新聞で報道された優秀賞のモニュメントイメージに対しての疑問の声などもあり、槻橋さんが原案に他作品のアイデアを取り入れるなどした新たな提案と検討をおこなうなどの対応経緯がありました。

その途中には、新聞で紹介されたオブジェイメージなどに対する反対意見が三陸新報で紹介されたり、同紙論説欄でもそのことをとりあげるといったこともあったのです。

冒頭に紹介した三陸新報12月29日記事の末尾には、つぎの記述があります。〈(施設検討委員会の〉席上、「陣山復興祈念公園の健全化を希望する市民の会」が、市内団体(非公表)との連名で市に提出した要望について報告があった。「オブジェが偶像崇拝の対象になるのでは」とする内容だが、検討委は「この場での議論にはなじまない」などとして取り扱わなかった〉

この要望は、新聞で紹介されたオブジェイメージが人の形になっていることへの疑問に関してのものだと思います。これは三陸新報の記事で紹介されたオブジェイメージが、委員会資料の中にあったイメージ事例があたかも決定された内容であるように誤解されたことによるものでしょう。私が冒頭に、ブログでの紹介は市の公式サイトで全体内容を把握してからにしようと思ったのは、こうしたこともあったからです。

私は妻と共にアイデアコンペのモニュメント部門に応募してアイデア賞を頂戴しました。そんなこともあり、祈念公園の計画検討については強い関心を持って報道などをフォローしてきました。今回の基本設計案を拝見しての私としてのさまざまな意見や感想はあるのですが、それよりも、監修者としての槻橋さんや検討委員会、そして事務局の皆さんは大変だったろうなと強く感じます。本当にご苦労さまでした。まだいろいろと仕事が残っていると思いますが、これまでのご尽力にまずはお礼を申し上げます。

2018年3月22日ブログ「アイデア賞を受賞」

なお、市のサイトでの12月27日/第8回復興祈念公園施設検討委員会の資料・議事録が公開されていませんが、市議会議員 今川悟さんの11月6日投稿ブログ記事が私たちが知ることのできる第7回委員会後の最新計画内容であると思います。復興祈念公園計画の全体像がよくわかります。こちらも是非ご覧ください。

今川悟さんブログ2018年11月6日投稿記事
 
スポンサーサイト

テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 復興祈念公園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示