FC2ブログ

生島企画室30周年

昨年11月30日、ホテルニューオータニで生島ヒロシさんが会長をつとめる生島企画室の30周年記念感謝の集いが開催され、芸能界、放送界、政界から約1000人が出席したそうです。この記念パーティーの様子を週刊文春と週刊新潮がグラビアページでとりあげていましたので紹介します。まずは週刊新潮から。

新潮
週刊新潮2018年12月13日号より


生島さんを囲んでうつっているのは、上段右から奈美悦子さん(67)、芦川よしみさん(59)、大桃美代子さん(53)、田中健さん(67)、加藤タキさん(73)、下段右から水沢アキさん(64)、あべ静江さん(67)、生島さん(67)、国広富之さん(65)。生島企画室所属ではなく、生島さんと親しい方々でしょう。つぎは週刊文春。

文春
週刊文春2018年12月13日号より


こちらは生島さんと菅義偉官房長官(70)。〈あまり知られていないがこの二人、法政大学の同級生。菅氏はこの30周年のパーティーの代表発起人として“芸能界のドン”こと周防郁雄氏らと名を連ねる。会場には森喜朗元首相や稲田朋美元防衛大臣らも駆けつけ、生島氏の意外な“政治力”が垣間見えた〉と。そして司会の徳光和夫さんに促されて登壇した菅氏は、「(生島氏が)来年の参院選に出る準備かなと思いました」と会場を沸かせたそうです。

(株)生島企画室の会長は生島三兄弟の長男である博さんですが、代表取締役は次弟の生島隆さん。末弟はスポーツジャーナリストの生島淳さんです。隆さんには一昨年11月に赤坂で行われた淳さんのトークイベントでお会いしました。このブログでも淳さんと隆さんのツーショットを紹介しました。

博さんは気仙沼小・中・高で私たちの一年先輩です。気仙沼中学では陸上部でしたね。気仙沼高校から法政大学に進みましたが卒業前にアメリカに渡ります。そしてアルバイトをしながらカリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科に入学、そして卒業しました。帰国後、TBSに入社します。そして13年後に独立してからの活躍もみなさんご存じのとおりです。

華やかにもみえる経歴ですが、週刊新潮の記事にもある〈いっときは10億円近い借金があった〉ということは多くの人が知る話。生島企画室の経営者としての苦労は並大抵のことではなかったでしょう。生島さんは〈ここまでこられたのは、皆さんのおかげです〉と。

そうしたことも経て迎えた、生島企画室の30周年です。博さん、隆さん、おめでとうございました。お祝いを申し上げます。

生島企画室公式サイト
2017年11月27日ブログ「生島さん兄弟の話」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 生島ヒロシ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示