FC2ブログ

奥山由之の写真集

ご紹介が遅くなりましたが、来年2019年版の「気仙沼漁師カレンダー」の販売が10月7日から始まっています。気仙沼つばき会が企画・発行し今回で5回目となるカレンダー写真の撮影は奥山由之(よしゆき)さんです。

漁師カレンダー
公式サイトより(画像クリックでサイトにジャンプ)


◎気仙沼漁師カレンダー2019
・サイズ:見開き B4 / 二つ折りタイプ
(昨年版より一回り小さくなっています。開くとB4、閉じるとB5サイズ)
・タイプ:1ヶ月1ページ(日曜はじまり)
・販売価格:¥ 1,500(税抜)
・送料:全国一律180円
・支払:気仙沼信用金庫への振込

気仙沼漁師カレンダー公式サイト

私が奥山さんの起用を知ったのは、雑誌「カーサブルータス」サイトの8月31日配信記事でした。〈独特の作風で写真や映像表現の在り方を模索ししつづける気鋭の写真家・奥山由之が、気仙沼の漁師たちの生き様を切り取った《気仙沼漁師カレンダー2019》が発売〉。いやあ驚きました。つぎの写真家は誰かと思っていたのですが、〈そうきたか〉と。このサイト記事では、冒頭の表紙写真のほかに4点の写真も紹介されています。

奥山さんのプロフィールは公式サイトにも掲載されていますが、ここではカーサブルータスから引用しておきましょう。「 2011年に《Girl》で写真新世紀優秀賞を受賞し華々しいデビューを飾った後、数々の写真集・写真展で作品を発表。現在は雑誌、広告、TVCMやミュージックビデオなど、幅広い分野で活躍し、『Forbes』2018年10月号にて、「世界に影響を与える30歳未満の日本人30名」の一人に選ばれるなど、世界中から注目を浴びている写真家・映像作家の奥山由之 」と紹介されています。

私がちょっとしたきっかけで奥山さんを知ったのは2011年。彼が20歳のころですかね。キヤノンによる新人写真家の登竜門とされる「写真新世紀」の優秀賞をすでに受賞していたと思います。ただし、優秀賞5名中の1名で、その中からのグランプリ受賞は逃しました。奥山さんの受賞作品『Girl』は審査員のHIROIXさんによって選出されています。HIROIXさんは、2000年度/第26回木村伊兵衛写真賞を受賞していますが、同賞の第34回受賞者が2016年版漁師カレンダーを撮影してくださった浅田政志さんです。

奥山さんのその後の活躍はまさにあれよあれよという間で、雑誌などのメディアでその名を目にすることが増えました。私は雑誌「EYESCREAM」で3年続いた奥山さんの連載「君の住む街」を書店で毎月ながめておりました。ポラロイドカメラによる被写体は、若い女優というよりもむしろガールフレンドを思わせ、街の中での一瞬を独特の空気感のなか〈ちょっとピンボケ〉で捉えていました。

この連載は、2017年に同名の写真集として刊行されましたが、前年2016年には第47回(平成28年度)講談社出版文化賞/写真賞を受賞しています。これは定評あるとても大きな賞。それまでの写真や映像などの作品集『BACON ICE CREAM』や、「SWITCH」ほか諸雑誌での人物写真が受賞作品です。付け加えれば、第42回受賞者は2017年版漁師カレンダーの川島小鳥さんでした。

今回の撮影で奥山さんが使用したのは小型のフィルムカメラです。カーサブルータス記事によれば、漁師たちに「本当にこのカメラでいいのか?」と言われながら、80本以上のフィルムに彼らの勢いを写し撮ったということです。

ひとつエピソードを紹介しておきましょう。奥山さんは、先月10月6日に緑あふれるオープンエアの会場でウェディングティーパーティーをひらきました。お相手はフードエッセイストの平野紗季子(さきこ)さん。私は彼女のインスタグラムが大好きで投稿をいつも楽しみにしています。写真もいいけど個性的な文章が本当に素晴らしい。なんていうのだろうその感性は才能としかいいようがありません。漁師カレンダーのつぎは料理カレンダーかもしれませんね。そんなお二人のパーティーについては、FASHION SNAPのつぎのサイトにて。

FASHION SNAP

詳細は略しますが、小さなころから表現とか映像といった世界を身近にしながらシティボーイとして育った奥山さん。都会的で現代的な感性によるその作品群のなかで、気仙沼の漁師をテーマにした今回の写真は異彩を放つことでしょう。

どうぞ皆様も、このカレンダー形式の漁師〈写真集〉とともに2019年を元気にお過ごしいただければと。ご注文は冒頭に紹介した公式サイトにて。どうぞよろしく。



 
スポンサーサイト

テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼 漁師カレンダー 奥山由之

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示