FC2ブログ

本田鼎雪の絵画展

気仙沼では、10月6日から11月11日まで第48回市民文化祭が開かれています。市民会館を主会場に茶道や華道、各種舞台、文芸など様々な部門での発表が順次おこなれています。

10月4日の三陸新報にそれぞれの開催日時のリストが掲載されていました。そのなかに、今回はじめて参加する「風待ち・まちなか美術館」がありました。内湾地区の歴史的建造物である「小野健商店土蔵」「武山米店」「角星店舗」「三事堂ささ木」の4施設で、10月29日(月)から約10日間にわたり、つぎの展示がおこなわれます。


10月4日風待ち美術館
三陸新報10月4日記事より一部を抜粋


それぞれ興味深いテーマが並んでいますが、私の目を引いたのは三事堂ささ木さんでの「潮の画人・本田鼎雪展」です。本田鼎雪(ていせつ)さんは気仙沼で多くの絵を描いた日本画家。気中同級生の洋子さん(3年3組)のお父様です。鼎雪さんのカツオの絵にまつわる話は以前このブログで2度ほど紹介しました。

展示会名に〈潮の画人〉とありました。気仙沼市史では鼎雪さんについて〈鰹をはじめ、水産物の画も多く、その画風は静岡・高知・鹿児島にも名が知られ〉と記しています。今回の展示会名では、〈魚〉や〈鰹〉といった即物的な表現ではなく〈潮/うしお〉としていることに雅味を感じました。その〈潮の画人〉本田鼎雪さんの絵画をまとめて見ることのできる機会は気仙沼でもなかなかないでしょう。

三事堂ささ木「潮の画人・本田鼎雪展」は10月29日(月)から11月9日(金)まで。9:00~17:00。土日曜日はお休みです。どうぞお出かけください。

2016年12月15日ブログ「日本画家 本田鼎雪」
2017年2月1日ブログ「カツオがつなぐ縁」
スポンサーサイト

テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼 本田鼎雪 風待ち

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示