FC2ブログ

魚町復興途上風景

三陸新報のシリーズ記事〈今を見る「途上の街」〉は、気仙沼市と南三陸町の復興経過を写真で紹介しています。私など気仙沼を離れて暮らすものにとっては大変ありがたい企画です。8月12日に紹介されていたのは、気仙沼市の魚町と南町。つまり内湾地区の風景でしたから、なおさら興味深くながめました。



三陸新報8月12日記事の一部イメージ


私の実家があった魚町坂口の裏山方向から撮った写真ですかね。なかなかいいアングル。左下から右上に向かってうつっているのが、県のミスで22cm高く施工された防潮堤です。南町の海岸に少し波打つ屋根の建物が内湾商業施設「ムカエル(迎)」。その左側で「(仮称)南町海岸公共・公益施設」の工事が進んでいます。

昨日のブログでもお伝えした、施工ミス22cmに対応するかさ上げは、写真にうつる平たい地面の上に盛り土する感じなのでしょうかね。その右側の道路や建物との高さの違いはどうなるのだろう。なかなか全貌がわかりません。

中央下側にうつる建物は〈福よし〉さんです。現在は工事のために営業を休止しているはずですが、今後はどのようになっていくのでしょうか。写真でいえばその左側にあった、屋号でいえばイチジュウさんやカクダイさんの建物は撤去されていますね。

この写真を見て感ずるのは、失われた懐かしい風景への郷愁ではありません。いろいろ課題はあるでしょうが、そこに暮らす人たちが希望の持てる新しい魚町そして南町であって欲しいという願いのみ。

まちづくり協議会の皆さんや行政関係者、そしてなにより住民、地権者の方々にとってはまだまだ大変なことも多いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
スポンサーサイト

テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼 防潮堤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示