FC2ブログ

加川広重さんの絵

8月19日に仙台の平野秀明君(3年3組)から、仙台メディアテークでの第21回加川広重 巨大水彩展「気仙沼」に行ってきたとのメールをいただきました。巨大画で描かれる、気仙沼の震災。8月16日から19日まで4日間のこの個展のことは知らずにおりました。最終日にかけつけた平野君が撮影した画像2枚が添付されていました。まずは1枚目



第18共徳丸を描いた巨大水彩画です。19日には、その絵の前で後藤優子さん(メゾソプラノ)と菅野静香さん(ピアノ)によるコラボレーションコンサートも開催されました。

2枚目は「雪に包まれる被災地」(2011年制作)です。これは気仙沼を直接的な題材にしたわけではないようですが、共徳丸らしきイメージをフレームの後ろと中に見いだすことができます。

20180819_02.jpg

宮城県在住の画家 加川広重さんは、1976年宮城県蔵王町生まれ。2001年に武蔵野美術大学油絵科を卒業し、2003年より「巨大水彩展」を開催しているそうです。これほど大きな画面を水彩で描くというのは驚きです。

平野君はイラストレーターとして活躍しています。絵を描いているだけに、いろいろと感じることがあったのではないでしょうか。メールには〈実物の絵には圧倒されました。「第18共徳丸」をこのような形で残していただきました〉と記してありました。なお、気仙沼の鹿折地区にうちあげられた第18共徳丸の解体が完了したのは、2013年10月のことです。

平野君、いつもありがとう。元気なようでなによりです。また会いましょう。

加川広重 公式サイト/巨大水彩作品

第18共徳丸とアーチストの関わりについては、つぎのふたつのブログに記したことがあります。影絵作家 藤城清治さんと、洋画家の野見山暁治(のみやまぎょうじ)さんのお二人についてです。お手すきのときにでも。

2014年3月7日ブログ「藤城清治さんの絵」
2014年11月26日ブログ「画家の野見山さん」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼 加川広重 第18共徳丸

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示