FC2ブログ

當山観世音略縁起

台風13号が北上中で気仙沼への影響もこれから出てくるのではないでしょうか。くれぐれも警戒をお願いします。大事がないことを願っています。そして本日8月9日は長崎に原爆が投下された日。午前11時2分には、気仙沼の防災行政無線のサイレンも鳴らされたことでしょう。

さて本日も〈皆鶴姫伝説〉について。3日連続になってしまいましたが、そのほうが後になった時にわかりやすいだろうと。今日ご紹介するのは、気仙沼市史 第7巻 民俗・宗教編(平成6年2月刊)のなかの「義経と皆鶴姫伝説」記述です。このなかには、観音寺に所蔵されている寛政2年(1790)に作成された「當山観世音略縁起」の内容も紹介されています。資料として利用できるように、画像として掲載します。(画像はクリックで拡大します)


●気仙沼市史 第7巻 民俗・宗教編/
 民俗編 第6章「言語伝承」第5節「伝説」/
 義経と皆鶴姫伝説



①P370〜371

IMG_3303.jpg
②P372~373

IMG_3304.jpg
③P374~375

①の左下が、観音寺が所蔵している義経が使っていたと伝えられている笈(おい)です。②の右頁は、には皆鶴姫伝説が気仙沼だけでなくほかの地域にも伝えられていることなどが記されています。そして左頁が「當山観世音略縁起」(とうざんかんぜおんりゃくえんぎ)です。當は当の旧字体。當山/当山でこの山(寺)のといった意味でしょう。

第5節「伝説」の中にはつぎの6つの伝説が紹介されています。弘法伝説/尾形三郎伝説/羽田神社とお山がけ/義経と皆鶴姫伝説/寺社縁起/憑霊と伝説。なお、第6章の執筆者は、当時の市史編さん室で主任主事をつとめていた川島秀一さんです。


本日の内容はあくまで資料として掲載いたしました。内容について特に付け加えることもないのですが、②の右頁P372に『室根山大祭記』にも皆鶴姫が登場するとの記載がありました。室根山に紀州から熊野神が勧請されて1300年となる年に観音寺の観音像が33年ぶりにご開帳というのも何かのご縁。これも義経と皆鶴姫のなせる技かと。

これにて3回にわたった皆鶴姫伝説連載を終了します。

①8月7日ブログ「観音寺 観音像開帳」
②8月8日ブログ「気仙沼 皆鶴姫伝説」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 観音寺 皆鶴姫伝説

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示