FC2ブログ

観音寺 観音像開帳

8月2日の三陸新報に、気仙沼市本町にある観音寺さんの「秘佛聖観世音菩薩御開扉法要」の広告が掲載されていました。観音堂に安置されている聖観音(しょうかんのん)像ご開帳。なんと33年に1度のことだというのです。


8月2日観音寺
三陸新報8月2日掲載広告


この広告のほかに記事などでの紹介は見当たりません。なんかもったいない、というか、それでいいのか。というのも、33年に一度しかないということは、平成の世でたった一回しか行われないご開帳ですよ。それともうひとつ。開帳される観音さまは気仙沼に伝わる〈皆鶴姫伝説〉ゆかりの観音像でしょう。

詳しいことは明日にしますが、こんな伝説です。源義経(牛若丸)の恋人であった皆鶴姫(みなづるひめ)は、舟にのせられ海に流されます。そのときに守り本尊の観音像を携えていました。流れ着いたのは気仙沼の松岩の海岸。観音像を姫に与えたのは義経だとか姫の母親だとか諸説あるようです。そして義経が松岩の海岸にきて目にしたのは、亡くなった姫(あるいはその遺骨)と観音像でした。義経は姫を弔うために平泉と気仙沼の中間地に観音像をまつる観音寺を建立します。観音寺はその後に気仙沼に移り、現在の観音寺になっていると。

その観音菩薩を拝むことのできる33年に1度の機会が今週木曜日、8月9日というわけです。観音寺の檀家ではなくとも是非にと思わずにはいられないでしょう。ということでのご紹介。まずは取り急ぎ。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 観音寺 皆鶴姫 義経伝説

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます

以前からこの日一日だけ開帳されるというのは知ってましたが、
具体的な時間帯まで知りませんでした。兵庫県の神戸在住で
ちょっとこの時間帯では日帰り参拝ができそうになく、参拝を
諦めます。知人で宇治在住のものがLLCのピーチを利用して
参拝すると計画しており、知人に詳細を伝えておきます。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございます

こちらこそ、コメント投稿ありがとうございました。お役にたててうれしいです。遠くからわざわざの参拝、本当にありがたく感じます。台風の行方なども心配ですが、どうぞよろしくお伝えください。本日8日のブログも皆鶴姫伝説について。明日も観音像にまつわる話を書く予定です。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示