FC2ブログ

気仙沼 in 目黒区

7月23日のブログで東京都目黒区職員から気仙沼市職員となった中央公民館長の井坪さんを紹介しました。私は2月の気仙沼モニターツアーで知り合ったのですが、翌月に東京でお目にかかる機会がありました。3月4日に、東京・めぐろパーシモンホールで開催された第3回目となった東日本大震災復興支援コンサートです。その様子は3月5日のブログで紹介しました。ロビーでお会いした井坪さんは、気仙沼への引っ越しの準備がなかなかできなくてと笑っておられました。

コンサートが始まるまでに少し時間があったので、隣接する区立図書館をのぞいてみました。目黒区には区立図書館が8館ありますが、そのなかのひとつ八雲(やくも)中央図書館です。バリアフリーで椅子席も含め230席のとても気持ちのよいスペース。その入口付近に〈気仙沼コーナー〉があったので大変おどろきました。友好都市気仙沼のためにここまでしてくれているのかと。左右2枚にわけて写真をとりました。

IMG_2990.jpg

左側の棚には、川島秀一さんの著書『海と生きる作法』や畠山重篤さんの『牡蠣礼賛』や地域誌『浜らいん』のバックナンバー。そして右側の棚には2017年4月からの『三陸新報』も。左の棚の上方には、表紙に第18共徳丸が描かれた詩集が置いてありました。千田基嗣さんの詩集『湾 Ⅲ』。表紙の絵は常山俊明さんによるもの。復興支援の姿勢を強く感じさせる選書であると感じました。

目黒のさんま祭などでの交流をきっかけにして、目黒区と気仙沼市が友好都市協定を締結したのは2010年9月18日のこと。その締結式の会場はめぐろパーシモンホールでした。それからもう8年近く。継続して気仙沼を支援する区立図書館はじめ目黒区さんの細やかな配慮に感じ入りました。遅ればせながらそのご報告ということで。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 目黒区 友好都市協定

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示