FC2ブログ

とんかつ勝子開店

きのうのブログでは斉吉商店さんの日本橋三越本店への出店をご紹介しました。本日も新店舗のご紹介です。南町で長く親しまれてきた「とんかつ 勝子」さんが6月29日に古町の気仙沼駅前プラザでの営業を開始しました。

6/29勝子
三陸新報6月29日掲載広告


気仙沼出身の漫画家 村上茂雄さん(というか、気仙沼あさひ鮨の村上力男さんの息子さん)による「3.11 気仙沼紫市場物語」③「とんかつ勝子/小野寺耕さん」によれば、初代の小野寺善次郎さんが南町に店を構えたのは50数年前のこと。「勝子」という店名は奥さんの名からとのこと。南町の人にとっては〈勝子のおばちゃん〉ということでしょう。現在の店主は、広告にも名がある息子さんの小野寺耕さんです。

大震災後は、仮設店舗「南町紫市場」で5年4か月営業し、店舗移転のために昨年4月からは休業していました。そしてこのたび、気仙沼駅前プラザのテナントとして入居し、新しい店舗をオープンさせたのです。気仙沼駅前プラザは、市営気仙沼駅前住宅入居者や地域住民の利便性向上,駅前周辺の賑わい創出を目的に市が整備したもの。4月1日にオープンセレモニーが行われています。集会施設の駅前住宅交流センター
のほか、ハローワークも入居しています。

7月11日の三陸新報には、開店以来の多くのご来店に対する御礼と、席数に限りがあり満席でお帰りいただいたお客様へのお詫びの広告が掲載されていました。

7月11日勝子
三陸新報7月11日掲載広告


決して広いスペースということではないのかもしれませんが、災害公営住宅として整備された気仙沼駅前住宅の皆さんや気仙沼駅を利用される方々にとって便利なお店となることでしょう。どうぞ、駅前近くにおいでのおりにはお立ち寄りください。

それと、遅くなりましたが、小野寺耕さんはじめ、勝子関係者の皆様に新店舗開店のお祝いを申し上げます。南町から古町への場所こそ変わりましたが、震災前と同様に地域の皆様に愛されるお店として繁盛されますように。おめでとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 とんかつ勝子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示