FC2ブログ

気仙沼かつお祭り

7月14日から16日までの3日間は〈気仙沼かつお祭り〉。昨年、7月第3月曜日の「海の日」を〈気仙沼かつおの日〉に設定したことに伴う催しです。7月7日の三陸新報によれば、昨年は1か月間を祭期間としたそうですが、今年は3日間に集中しての開催。昨年と同様に、海の市(魚市場前)、お魚いちば(港町)、気仙沼さかなの駅(田中前)の3施設合同イベントとなります。



詳しくは観光情報発信サイト「気仙沼さ着てけらいん」をご覧いただくとして、このブログでは気中同級生関連の話を記しておきましょう。

まずは〈かつおの日〉についてですが、これは〈カネシメイチ〉の小山修司君(3年5組)が〈言い出しっぺ〉です。2015年に、8月1日を〈気仙沼かつおの日〉にしようと修司君が部会長をつとめていた気仙沼商工会議所水産流通部会が準備を始めたのです。その経緯についてはつぎの2つのブログに書きました。

2015年7月29日ブログ「気仙沼かつおの日」
2015年8月4日ブログ「かつおの日の制定」

ただし、この水産流通部会による8月1日を軸としてのかつおの日制定の議論はまとまらず、2年後の2017年に市や商工会議所、気仙沼漁協をはじめ関係団体で構成される「気仙沼市生鮮かつおプロモーション事業実行委員会」が、7月の第3月曜日「海の日」を気仙沼独自に「カツオの日」とすることを決めたのです。

2017年5月12日ブログ 「かつおの日」制定

もうひとつの同級生の話。田中前〈さかなの駅〉には、平塚一信君(3年1組)の平塚商店があります。さかなの駅のイベントとしては7月14日(土)午前8:30から、かつお特売1本1000円です。16日(日)午前11時からは200人前のカツオ刺身を振る舞うほか、2千円以上の購入客には生鮮カツオや地場産品が当たる大抽選会もあるとのこと。さかなの駅においでのおりには平塚君に声をかけてあげてください。どうぞよろしく。

上に紹介した2015年8月4日ブログ「気仙沼かつおの日」を久しぶりに読み返していたら、小山修司君/修ちゃんと〈気仙沼かつおの日〉について電話で話したときのことを書いていました。本日のブログの結びとして再掲します。

「電話で修司君は、〈8月1日は八月朔日(八朔/はっさく)で、縁起もよい〉と語っていました。そして、〈ポスターには恵比寿さんも入れといたから〉といって笑いました。私たちが生まれ育った魚町の浮見堂で、内湾を向いて立っていた恵比寿さんのことを思い出しながら私も笑いました。大漁祈願の恵比寿像は、大震災の津波で流出し今はその姿がありません」(再掲内容は以上)

3年前の話ですが、先日のブログで、神明崎の浮見堂や恵比寿像の復活について書いたばかりだったので、ご紹介しました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼かつお祭り 小山修司

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示