FC2ブログ

熊谷雅裕君の登壇

高知県船籍の第68廣漁丸が沈没したことについて、きのうのブログに〈18人全員が救助されたの知らせにホッとした人も多いことでしょう〉と書きました。気仙沼港を出て、また気仙沼に帰ってくる予定だったということを知り、心配している気仙沼の関係者も多いだろうと思ってのことです。

そして本日6月21日の三陸新報の関連記事のなかに、よく知る会社の名前がありました。〈同船の問屋であるカネシメイチによると……〉。小山修司君(3年5組)が代表をつとめていたカネシメイチが、気仙沼を基地/母港としてカツオ漁をおこなう第68廣漁丸の問屋をつとめていたのです。記事には小山惠三専務の〈とにかく乗組員が全員無事だったことにホッとしている〉とのコメントが紹介されていました。6月11日に気仙沼港で見送ったあとのこのアクシデントでしたから、相当に驚き、そしてホッとしたことでしょう。まずはよかった。

さて本日の三陸新報には気仙沼高校の同級生で市議会議員をつとめる熊谷雅裕君に関する記事も掲載されていました。

雅裕君
三陸新報6月21日記事より

初当選した前任期中、飲酒運転疑惑の説明責任を果たしていないとして市議会で辞職勧告を受けた後は議員の退席などを受け一般質問をおこなうことができずにおりました。そして4月の市議選の2度目の当選を果たした雅裕君が6月20日に、無事に一般質問の場に登壇することができました。

三陸新報では記事のほかに、コラム記事〈記者席〉でもそのことをとりあげています。それによれば、雅裕君の一般質問は初当選直後の1回しか質問できなかったので、4年ぶりのことになるといいます。

質問内容や市長の応答内容、そして熊谷議員の説明責任や退席議員や市議会議長の姿勢などについての私の考えなどは略します。まずは雅裕君が無事に質問席に登壇できたことに友人としてホッとしております。まずはよかった。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 熊谷雅裕 市議会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示