FC2ブログ

ライオンズの寄付

5月24日の三陸新報に気中同級生の姿がうつっていましたのでご紹介します。武山美加(号:櫻子/おうし)さん(3年9組)です。彼女は現在、気仙沼ライオンズクラブの会長をつとめているのですが、その活動の一環として市に50万円を寄付したことを伝える記事。

5月24日武山
三陸新報5月24日掲載記事より


記事によれば気仙沼ライオンズクラブは先月、チャリティライブ「綾小路きみまろ笑撃ライブ」を開催しましたが、その収益金の一部に同クラブからの善意を加えた50万円を市に寄付したとのこと。

武山さんがライオンズクラブの会長となったことは昨年知りましたが、いつの時点だったのかわからずにおりました。しかし、この記事に〈昨年7月からの新体制で子育て支援を目標に掲げて活動しており〉とありましたので、その時点での会長就任だったのでしょう。今回の寄付金も、子育て支援に役立てて欲しいと、5月21日に菅原市長に手渡されました。

気仙沼ライオンズクラブは、一昨年に結成55周年を迎え、記念事業のひとつとして「目で見る気仙沼の歴史」の復刻版の発行なども行っています。また昨年10月には、新気仙沼市立病院1階の待合室「うみねこモール」設置の大型テレビを寄贈、先日はバイパスの道路清掃活動の記事も目にしました。さまざまな地域活動の展開、ありがとうございます。

なお、武山さんは書家。季節の話題との関連でいえば、2007年に建立された徳仙丈山頂近くの石碑に刻まれた佐々木梅吉さんの歌6首は、彼女の揮毫(きごう)によるものです。市立病院へのテレビ寄贈については、下記のブログでお伝えしました。気仙沼小学校入学時の美加(みゆき)さんの姿とあわせてご覧いただければと。

10月13日ブログ「武山櫻子ライオン」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 ライオンズクラブ 武山櫻子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示