魚町防潮堤の経過

気仙沼市魚町の防潮堤が県のミスで22cm高く施工されてしまった問題について、5月14日夜に内湾地区復興まちづくり協議会の運営会議が開かれました。この会議は非公開でしたが、5月15日の三陸新報がその内容を伝えています。

5月15日三陸
三陸新報5月15日記事の一部イメージ


会議終了後に県農林水産部の後藤寿信次長が、5月18日の会議では地権者約50人を対象に行ったヒアリングの結果を示すとともに、〈県としての考えも出せるよう検討したい〉と語ったそうです。

5月18日は〈ワーキング〉と呼ばれる会議です。三陸新報の記事には14日の〈運営会議〉の写真が紹介されていました。コの字型に座っているのが協議会の幹部と県の担当者でしょうか。

運営会議
三陸新報5月15日記事掲載写真

河北新報もこの会議について5月15日に記事を配信していました。その中で、県は5月18日の会合で最終案を示し、住民に理解を求める考えとしています。また、〈協議会も県の考えを踏まえ、早ければ同日(5月18日)中に結論を出す見通し〉としています。

5月18日(金)のワーキングでの協議内容や最終案がどのようになるか多くの人が感心を寄せていることでしょう。以上、魚町防潮堤施工ミス問題の経過報告ということで。

5月4日ブログ「魚町防潮堤説明会」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 魚町 防潮堤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示