FC2ブログ

市長・市議選結果

4月22日(日)に気仙沼市長・市議選の投票が行われました。即日開票の結果、市長選は、新人の斉藤巳寿也候補を退け、現職の菅原茂候補が当選しました。得票は菅原候補が21,118票、斉藤候補が12,300票。もっと差がつくかと思っていたのですが、ちょっと意外な印象。現職に対しての一定の批判票があるということなのでしょう。前回の市長選は立候補が1名で2期目となる菅原市長が無投票で当選となっています。今回はこうして選挙がおこなわれ、これまでの2期8年間の評価を市民に問うかたちとなったのはよいことでしたね。投票率は過去最低の61.31%。

市議選の結果については、三陸新報の記事を紹介させてもらいます。

選挙結果
三陸新報4月23日記事より


トップ当選は38歳の新人、熊谷一平さん。住所は唐桑町明戸、明治大学を卒業して県職員を経て、NPO市民ガバナンスネットワーク理事や唐桑大漁唄込復活素新進実行委事務局員をつとめています。もうひとりの新人候補だった三浦友幸さんも当選。37歳で最年少の気仙沼市議となります。大谷地区の防潮堤問題をはじめ、まちづくり活動に積極的に取り組んできました。若手ということでは、43歳の今川悟さんが2回目の当選となりました。今後もブログなどを通じての情報発信に期待しています。

そして私たちの同級生ですが、臼井真人君(気中3年2組)も熊谷雅裕君(大島中・気高)も当選しました。真人君は4期目となります。今回は6位ですが安定した得票といってよいでしょう。開票結果をながめていて、たしか初回の選挙だったか、真人君がトップ当選したことを思い出しました。あのときの真人君は〈若手のホープ〉だった(笑)。そして雅裕君は2期目となります。今回は定数24に対して27人が立候補したので24番目とは絶妙の結果です。辞職勧告をめぐる市議会のゴタゴタはこれでやめにしてもらいたいと思っています。

市長にしても市議にしても、〈当選おめでとう〉という言葉をかけることにはためらいをおぼえます。しっかりとその役割と責任を果たすのは実に大変なことでしょうから。当選された皆さんには、気仙沼のより良き将来のために精一杯つとめて欲しいと心から願っています。まずは候補者をはじめ関係者のみなさま、お疲れさまでした。今後ともどうぞよろしく。

4月16日ブログ「市長・市議選告示」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示