FC2ブログ

門馬君の思い出

一昨日の夕方、ダイアリーの1月20日のところに「門馬命日」と記しているのをながめて思いました。何年たつのだろう。門馬亨(とおる)君(3年11組)は、南町の中華料理店「新京」が実家でした。

すぐに、亨君と気仙沼高校剣道部の仲間であった大島の熊谷雅裕君に電話で聞いてみました。雅裕君「あれ、何年だったかな。エックに聞いてみるよ」。

「エック」とは、門馬(千葉)恵久子さん(3年1組)。亨君のお兄さん束(つかさ)さんと結婚しました。束さんが亡くなった後も息子さんと新京の本郷店をきりもりしています。すぐに雅裕君から連絡がありました。「わかった。平成9年1月18日」。

1997年。15年も経ったのか。享年45歳。
私の1月20日とした記録は、訃報を受け取った日だったのでしょう。こんなに寒い季節に亡くなったのかと、本当にかわいそうに思ったことを覚えています。

葬儀には残念ながら参列できませんでした。その後、本郷に線香をあげにいくことはなかったのですが、お盆の帰省のおりに気仙沼小学校正門近くの墓に線香をたむけるなどしておりました。

門馬亨君は、小学校のころから私たちのリーダー的存在、人気者でした。気仙沼小学校の生徒会「安波会」の前期会長。私は後期の会長。気仙沼中学校では、そうした経緯もあって二人が生徒会長〈学校市長〉選挙に立候補(させられて)、私が会長。気仙沼高校では亨君が生徒会長といった関係でした。その後も、村上良君、牧野操君らみんなと一緒に仲良くさせてもらいました。

亨君をはじめ、今回の震災と関係なく、若くして亡くなった同級生がいます。一昨年2010年の8月、昨年2月の還暦祝いに先立ち観音寺でとりおこなわれた物故祭でその数を知り、自分たちがなんとか還暦を迎えられそうなことをありがたく思ったのです。

亨君、当時はなんの役にもたてずごめんなさい。そして亡くなった同級生の皆さん。我々もいろいろあるけれど、なんとかやっているよ。みんなの分までというとおこがましいけれど、精一杯、みんな仲良くやっていければと思っています。

ありがとう。合掌。

11月21日ブログ「忘年会の季節」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示