FC2ブログ

アイデア賞を受賞

本日3月22日の三陸新報に気仙沼市の復興祈念公園アイデアコンペの審査結果が紹介されていました。このコンペには、私も妻と一緒にモニュメント部門に応募し〈アイデア賞〉をいただきました。

復興祈念公園コンペ

三陸新報3月22日記事の一部イメージ


記事によると応募数は、総合部門(モニュメントを含む公園全体の計画)が29点、モニュメント部門が132点でした。そして両部門から優秀賞各5点、アイデア賞各4点が選ばれています。そして優秀作品のうち、評価が最も高かった槻橋修(神戸市)さんの作品を、公園の核となるデザインに採用し、6月末までに策定する基本設計に可能な限り反映させる方針とのこと。

記事には〈モニュメントの例として、港町・気仙沼を象徴する灯台や船をモチーフにしたものがあったほか、復興への願いを込めた羅針盤や祈りをささげる鐘の設置などの提案があった〉と記されていました。当方提案の詳細な紹介はひかえますが、基本コンセプトは「灯台」です。付随設備として「鐘」の設置にも触れております。

「灯台」のアイデアは沢山の人が提案したことでしょう。私たちはそれを後押しできればなと思ったのが応募理由のひとつです。それと、公園が整備される陣山のあの場所は、私の実家があった場所の後背地。小さなころに遊んだあの場所にできる祈念公園であればヘンなものにはしたくないと。受賞・入選作品の公開はあるのでしょうか。どのような作品が寄せられたのかぜひ見てみたいと思います。

この復興祈念公園は来年に着工し、2020年3月11日までの開園を目指すそうです。検討委員会の皆様、コンペの審査は大変だったと思います。お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

2017年12月8日ブログ「復興祈念デザイン」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 復興祈念公園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示