FC2ブログ

商業施設愛称募集

3月17日の三陸新報に、気仙沼地域開発(株)(菅原昭彦社長)が、気仙沼の内湾地区に建設中の「ウオーターフロント施設」が5月末に完成との記事が掲載されていました。

3/17フロント施設

三陸新報3月17日記事の一部イメージ

記事によれば、旧エースポート跡地で建設中のこの商業施設は、新設商業エリア「内湾スロー村」(仮称)構想の一環として昨年6月に着工されました。事業費は約4億6千万円。1階/カフェ・衣料品・小売・飲食、2階/飲食・カフェやイベントスペース、3階/気仙沼地域開発・気仙沼地域戦略といったフロア構成になっています。早いテナントは6月中に、残るテナントも順次入居し、9月中にはすべてそろうとのことです。

記事の最後にちょっと気になる記述がありました。オープンに向けてこの施設のロゴマークと愛称を募集しているというのです。応募期間は3月12日から28日まで。この期間の短さは置いといて、名前(愛称)も決まっていないのにロゴマークのデザインができるだろうかという大きな疑問を感じました。どんな名前になろうが、そこに添えておかしくないマーク的なものということでしょうか。そうしたデザインが不可能なわけではありませんが、ネーミングから着想されるデザインという大きな可能性を捨てることになりますね。それと、ネーミングの文字を主体としたロゴという方向もはじめから考えていない。

ここまでにしておきますが、いかに時間がないとはいえもったいないやり方だなと感じました。しかし、完成や引き渡しが5月末だというのに、愛称がまだ決まっていないというのは本当でしょうか。ちょっと信じられないのですが。そうだとすれば、新「エースポート」でよいのではないかという気さえしてきます。A(エース)port。ありゃま、K-portと似すぎてしまうので、こりゃだめか(笑)。応募される方は、気仙沼地域開発(株)のサイトをご覧ください。

2017年7月28日ブログ「内湾施設の地鎮祭」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 エースポート 気仙沼地域開発

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示