FC2ブログ

隆市君おめでとう

「しごと場・あそび場 ちょいのぞき」を展開する「観光チーム気仙沼」が、復興庁の平成29年度「新しい東北復興・創生顕彰」10件に選定されました。228件の応募から選ばれており快挙といってよいでしょう。2月9日に記者発表があり、2月18日に仙台にて顕彰式典ががおこなわれています。

復興庁受賞
三陸新報2月21日記事の一部イメージ


三陸新報の記事にリーダー廣野一誠さんのコメントが紹介されていました。〈県のおもてなし大賞とのダブル受賞は大変光栄。「ちょいのぞき」事業ができるのは、気仙沼の人たちがコツコツ築いてきた「仕事」と「暮らし」のおかげ。まちの皆さんと一緒に喜びを分かち合い、事業のさらなる発展につなげたい〉。

これを読んで、リーダー廣野一誠さんの気持ちを勝手に想像してみました。まずは〈ほめられすぎだよなあ〉と。評価されるのは気仙沼のPRにもつながるのでありがたいけれど、解決しなければならないやっかいな課題を沢山知っているはずです。そして〈受賞するべきなのは自分たちではないんだけど〉と。〈おもてなし大賞〉受賞についてのブログでも書きましたが、気楽会〈観光案内課〉の活動などにはじまり、〈ば!ば!ば!プロジェクト〉への展開もありました。組織でいえば、気楽会のほかにも、気仙沼観光コンベンション協会や、以前の一般社団法人〈リアス観光創造プラットフォーム〉、そして現在の〈気仙沼地域戦略〉に至る組織の活動も。そうした継続的活動の成果がいまこうして顕彰されているのだと。

こんな勝手な想像を記したのも、先日のちょいのぞきモニターツアーで一誠さんの話を聞いたからなのです。K-portの懇親会で、ほかの方との話のなかで尊敬している先輩としてコヤマ菓子店の小山裕隆さんの名をあげていました。小山隆市君(気中3年6組)の息子さんです。うれしかった。そう考えていくと、今回のダブル受賞の原点には、隆市君らの様々な活動もありました。〈甚六鬼の会〉の海神様にしてもそうだしね。

このブログ記事を書きはじめたときは意識していなかったのですが、なんか今回の受賞は隆市君らの活動に対する顕彰でもあるのだなあという思いを強く感じてきたのです。気仙沼中学の同級生ならすぐにわかってくれるでしょう。そんなこんなの思いを込めて、天国の隆ちゃんをはじめ関係者の皆様にお祝いを申し上げます。おめでとう!

2月16日ブログ「おもてなし大賞!」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 ちょいのぞき 観光チーム気仙沼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事ありがとうございます

まさに小田さんに推察いただいた通りです!本当なら授与を受けるべきは積み上げてきた先輩方や頑張っている事業者の皆さんであり、僕は代理で行ってきた程度でして。小山さんのお父様から脈々と引き継がれてきたもの、と思うと胸が熱くなりますね。

もちろん、せっかく頂いた追い風は、最大限活用しないと勿体ないとも思ってます。モニターツアーを踏まえての今後のアクションも、また折りを見てご報告させていただきます!

Re: 記事ありがとうございます

廣野さん、ありがとうございます。ちょっと踏み込んだ記事になってしまったので、こちらからご連絡をさしあげなければならないと思っておりました。〈推察のとおり〉とのことでちょっとホッとしました。別途メールにてご連絡いたしますが、今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示