FC2ブログ

おもてなし大賞!

〈しごと場・あそび場ちょいのぞき気仙沼〉を展開する観光チーム気仙沼が、宮城県の「観光王国みやぎおもてなし大賞」において〈観光による地域活性化のモデルとなる最も優れた取組〉として大賞を受賞しました。市内からは初の大賞とのこと。2月13日(火)の三陸新報が伝えています。

おもてなし大賞
三陸新報2月13日記事の一部イメージ

記事の写真の右側は村井知事。左側は気仙沼観光コンベンション協会の熊谷俊輔さんだと思います。そして中央が観光チーム気仙沼リーダーの廣野一誠さん。廣野さんはアサヤ(株)の専務取締役ですが、私たちの世代には気仙沼市長をつとめた広野善兵衛さんの曾孫さんといったほうがわかりやすいかも。〈アサヤ〉も以前は大堀銀座交差点角に本店があった〈麻屋〉さんですね。

記事によれば、廣野リーダーは〈2015年の『ちょいのぞき』スタート以来、受け入れ事業者が、魅力あるプログラムづくりに向けて常に努力してきた成果。受賞は大きな励み。これまで培ったノウハウを今後に生かし、さらなる内容の充実と発展につなげたい〉と語っています。

今回は〈観光チーム気仙沼〉の受賞ですが、ここに至るまでにはさまざまな活動、努力の積み重ねがありました。このブログでも紹介してきた〈ば!ば!ば!プロジェクト〉もそのひとつでしょう。そして、もっとさかのぼれば小山裕隆さんらの気楽会〈観光案内課〉ひとめぐりツアーもあります。こうした活動の継承、継続が今回の大賞受賞につながっているのだと思います。観光チーム気仙沼をはじめ、そうしたこれまでの活動に参加してくださった方々にお礼とお祝いを申し上げます。ありがとうございます。そして、おめでとうございました。

話は変わります。きのうのブログで私が16日(金)17日(土)は気仙沼と書いたのですが、これは〈しごと場・あそび場ちょいのぞき気仙沼〉モニターツアーに参加するためなのです。16日の昼には気仙沼に、そして17日の午後2時には気仙沼を離れるというスケジュールです。そんなことで本日のブログは予約投稿といたしました。ツアーの様子はまたあらためてご報告することとします。

私にとって気仙沼訪問は2016年9月24日の〈あれから50年同年会〉以来のこと。1年半ぶりの気仙沼を楽しんでこようと思っています。見かけたら声をかけてください(笑)

2016年9月26日ブログ「同年会の記念写真」
2016年9月27日ブログ「同年会の概略報告」
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示