FC2ブログ

気仙沼「鎮魂の森」

「気仙沼市に〈鎮魂の森〉第1号」と、昨日11日の共同通信が伝えています。「鎮魂の森」は、政府の東日本大震災復興構想会議が犠牲者慰霊のために提言していましたが、その第1号が気仙沼の安波山に計画されているというのです。

1月11日共同通信

「鎮魂の森は最終的に被災地10カ所程度に設けられる見通しで、安波山は他の場所に先駆けて3月に植樹が始まる。鎮魂の森は、津波の際の避難場所となる高台などに草花や木を植えて育てながら、津波の脅威を伝承していくのが目的。復興構想会議の議長代理で建築家の安藤忠雄さんらが発案した」

これを追いかける形で、河北新報も本日付で伝えていました。
この記事では、気仙沼市は畠山重篤さんが理事長を務めるNPO法人「森は海の恋人」の植林活動とタイアップする形で、さらにもう1カ所の森整備も検討しているとしています。

1月12日河北新報

このブログでも紹介した、石山修武さんらの安波山の植樹祭や「鎮魂の御堂」計画が着々と進行しているようですね。石山さんのブログでも、安藤忠夫さんが協力を約束してくれたと書いていたので、注目していました。

〈安波山計画〉は動きはじめた。それにしても気になるのは、国と県が計画している巨大防潮堤。政府復興構想会議の議長代理、安藤忠雄さんの考えを聞いてみたいと思うのは私だけではないでしょう。

12月7日ブログ「追悼と鎮魂の祭」
12月17日ブログ「続/石山修武さん」

スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示