FC2ブログ

気中46回生歳祝

1月14日(日)の三陸新報にこんな広告が掲載されていました。

気中46回生広告
三陸新報1月14日掲載広告


気仙沼中学46回生の厄払い式・歳祝(としいわい)会の案内広告です。2月10日(土)にホテル観洋にて。私たちは気中20回生ですから26下の学年です。昭和52(1977)年4月〜53年3月生まれで、現在39〜40歳。

私たちの学年もこれまで、この厄払い・歳祝をずいぶんやってきました。震災の1ヵ月前、2011年2月12日には還暦祝い(&厄払い)を。前年8月には物故者慰霊法要(物故祭)をおこなっていますが、その案内文にこれまでの経緯が記されていました。

それによれば、気中20回生は33歳、42歳、49歳、55歳の年に、厄除けや歳祝いなどをおこなってきたとのこと。厄年には男と女とで違いますし、私たちの会も回によっては前厄だとか後厄だとかの説明を聞いたおぼえがあります。また、年齢の数え方も満だとか数えだとか。いずれにしても、なにか理由を見つけては同年会を開いていたような(笑)。

気中46回生の広告には、問合せ先として3名の名が記されていました。そのなかに、〈コヤマ菓子店〉小山隆市君(3年6組)の長男、裕隆さんの名前もありました。隆ちゃんもそうだったけど、息子さんも学年のお世話役ですね。

一昨日1月14日は、隆市君の命日でした。裕隆さんのこの日のブログには観音寺の墓参りや、亡くなる直前の父子のやりとりなどが記されています。5年の月日が経ちました。
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 気中46回生

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示