fc2ブログ

気仙沼市人口減少

1月11日の三陸新報に、気仙沼市の人口が昨年末で6万5千人を切ったとの記事が掲載されていました。気仙沼市は2006年3月末に唐桑町と合併し、2009年9月に本吉町を編入して現在に至っています。この3市町合併後の2009年末の人口は7万5298人でしたから、1万人以上が減少しました。記事では、少子化に加え、東日本大震災が影響したものとみられるとしています。少子化に関しては、昨年の出生数330人に対し、死亡数は955人で625人の自然減となっています。記事から人口・世帯数表と人口推移グラフを引用します。

人口表

人口推移

三陸新報1月11日記事より

表中で人口が増加している地区は松岩だけです。記事によれば、2008年末ごろから入居が始まった市内2番目の規模の災害公営住宅「市営牧沢住宅」に加え、赤岩杉の沢や松岩北などの防災集団移転団地への転居が相次いだためのようです。

人口減少は、地域の経済力の低下につながるだけに深刻な問題。市では人口目標を2020年に6万4339人と設定し、最重要課題として対策に取り組んでいます。簡単なことではないと思いますが、なんとかこの流れに歯止めがかかってくれないかと感じております
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示