FC2ブログ

祝!審査員特別賞

〈気仙沼漁師カレンダー2018〉が、日本印刷産業連合会主催〈全国カレンダー展〉第3部門で審査員特別賞(銀賞)を受賞しました。

第3部門は、販売(出版)カレンダーや既成カレンダーで、公共性の強い機関からの作品を原則として含むものです。漁師カレンダーはこれまで、2014年版が経済産業大臣賞(金賞)、2016年版がフジサンケイビジネスアイ賞(銀賞)を受賞しており、3度目の受賞となりました。素晴らしい。

私がうれしかったのは、この審査員特別賞が松永真賞であったこと。審査員のお一人である松永真(まつなが しん)さんが漁師カレンダーを高く評価してくれたのです。松永さんにはたくさんの優れた仕事がありますが、ティッシュ「スコッティ」やAGFコーヒー「BLENDY」のロゴやパッケージなどは皆さんもご存じのことでしょう。

以前つとめていた会社で、松永さんに仕事をお願いしたことがありました。オーディオメーカーで当時はソニーの子会社となっていた〈アイワ〉のCI(コーポレートアイデンティティ)です。松永さんの著書/作品集「松永真 デザインの世界」のなかの一頁を紹介しましょう。一番上がアイワのロゴマークです。


アイワロゴ

「松永真 デザインの世界」(1996集英社刊)より


松永さんは1997年にセゾン美術館にて「松永真デザイン展」を開催しました。とても大きな展覧会。ポスターなどのほかに、ウィンドウケースのなかには、松永さんのダイアリーが何冊かページを開いた状態で展示されていました。そこに記されたデザインアイデアやスケッチなどを見せるためです。そのなかの細かな記述も丹念に見ていた私はとても驚きました。そこに私の名と会社名が記されていたのです。〈ODS小田さんmeeting〉だったかな。アイワのプロジェクトの打合せでした。

アイワ(株)は、2002年にソニーに吸収合併され、翌年にはブランドロゴも変更されました。そのデザインを見たとき、とてもがっかりしたことを思い出します。

松永真さんには多くの受賞歴がありますが、第9回亀倉雄策賞も受けるなど、日本の正統的なグラフィックデザインの歴史を継承するお一人です。そうした松永さんのおめがねにかなった漁師カレンダー2018。つばき会の皆さんはもちろんのことですが、デザインの北田進吾さん、編集・インタビューの唐澤和也さん、そして制作会社BambooCutの竹内順平さんらも、とても喜んでいることでしょう。このたびの受賞、本当におめでとうございました。

10月25日ブログ「漁師カレンダー」
12月14日ブログ「写真家竹沢うるま」
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 漁師カレンダー 松永真 カレンダー展

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示