FC2ブログ

マルナリ植木実君

気仙沼市が、商工業の発展に寄与した技能者を表彰する「技能功労者」、今年は6名が選出されたとのこと。そしてその中に、同級生 植木実君(3年9組)の名がありました。11月29日の三陸新報に記事が掲載されていましたので紹介します。

11:29植木実
三陸新報の11月29日記事の一部イメージ

記事を以下に引用します。

〈 父の成次さん(故人)が創業した「マルナリ植木商店」(現マルナリ水産)に従事したのは21歳の時。それまでは横浜で自動車整備工をしていた。「店が軌道に乗ってきたので父から帰郷を勧められて。長男の宿命だね」と笑う。
 以来、サバやイカなどの酢漬け、マグロやワカメのつくだ煮など、気仙沼港産の水産物を使った加工品の製造に携わり、技術を磨いた。
 現在、主力となっている「さんま昆布巻」は、1990年に自身が開発した商品。魚が苦手な子供たちのために骨まで軟らかいものを---と作ったが、思いのほか年配者から好評を得た。今も年末年始の贈答品として人気がある。
 東日本大震災で川口町の工場が全壊し、その1年半後に松崎前浜の仮設施設で再開した。販路を失い、一時はやめようかと考えたが、客が寄せた注文の電話で奮起した。
 仮設施設は狭く、酢漬けのたるが置けない。現在は昆布巻だけの製造だが、本設に向けて日々汗を流している。「受賞は青天のへきれき。受けないと次の人に回っていかないので」と語る。〉(引用は以上)

植木実君の昆布巻については、これまでも紹介してきました。たとえば次のブログ。

2015年1月8日ブログ「植木実君の昆布巻」
2016年12月2日ブログ「さんま昆布巻受賞」

1990年に実君自身が開発した商品とのことなので、もう27年にもなるのですね。ロングセラーというか気仙沼物産の定番商品のひとつでしょう。

私は実君の「受賞は青天のへきれき。受けないと次の人に回っていかないので」というコメントが気に入りました。実に彼らしい言葉。その表情を声とともに思い出します。表彰式は本日11月30日、サンマリン気仙沼ホテル観洋にて。植木実君のこのたびの受賞を心からうれしく思いました。受賞者の皆様にお祝いを申しあげます。おめでとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 マルナリ水産 植木実

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ヨコミーさんの投稿に気付かずにおり失礼しました。植木君がNHKラジオのニュースに登場とは驚きました。私がブログで紹介した日に実君に電話してお祝いを申し上げました。声も口もは中学時代と同じでした(笑)。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/66~67歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示