FC2ブログ

共徳丸の「廃船」

雑誌「芸術新潮」9月号の頁をめくっていて「おっ」と目が止まりました。共徳丸か。

不染鉄
雑誌「芸術新潮」2017年9月号より

結論から申しあげれば違いました。〈幻の画家〉とも呼ばれた不染鉄(ふせん・てつ)の『廃船』という作品とのこと。

不染は明治24年に東京の浄土宗の寺の子として生まれました。紹介されている作品を見ると、日本画というカテゴリーを越えた自由な作風と画境を感じます。不染は23歳のときに伊豆大島にわたり、3年ほど漁師をするなどして暮らしました。生涯にわたって海や漁村を描いたそうです。84歳で亡くなっています。

紹介した作品『廃船』は78歳の頃の作品。雑誌の2頁見開きで見ると相当に大きな絵を想像しましたが、横幅は約1m。

気仙沼の鹿折(ししおり)地区にうちあげられた第18共徳丸が解体されたのはいつだったか。このブログ内を検索してみると、2013年10月28日に三陸新報の記事を紹介していました。第18共徳丸の解体作業が27日で終了したとの内容。〈崩れた擁壁の跡などが、そこに重量330トンの大型船があったことを物語るのみとなった〉。

20131028114157de0_20171114162921b8f.jpg

三陸新報2013年10月28日記事の一部イメージ(クリックでブログにジャンプ)

そうか、もう4年たつのか。解体は9月9日に開始されました。約2カ月かけてその姿が小さくなっていったのでしょう。

〈廃船〉と題された不染鉄の絵を見て、様々な思いや記憶を喚起する圧倒的な存在感をはなっていた第14共徳丸のことを、久しぶりに思い出したのです。
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 第14共徳丸 不染鉄

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示