FC2ブログ

内湾商店街復活へ

11月11日(土)、気仙沼市の南町紫神社前商店街(村上力男会長)と魚町内湾商店会(菅原隆文会長)が、グランドオープンしました。まずは11月10日の三陸新報の記事をご紹介します。

記事
三陸新報11月10日記事(クリックで拡大)

南町紫神社前商店街は、仮設の「南町紫市場」で営業してきた店舗などを中心に、災害公営住宅に併設された共同店舗と周辺の個別店舗で組織されています。共同店舗は22店舗のうち今回は15店舗がオープンするとのことです。一方、魚町内湾商店会は、災害公営住宅の1階に入居する3店舗と周辺の個別店舗4軒で組織されています。

記事の下には、両商店街の広告が掲載されていました。こんな感じ。なつかしい店の名がならんでいます。

広告
三陸新報11月10日掲載広告(クリックで拡大)

記事にある南町の商店街の写真ですが、どの方向から撮ったものかちょっと迷います。右端に写っているのが猪苗代病院でしょうか。そうすると、中央部が以前はマンボ通りがあったところなのかなあ。自信がありません。魚町の商店会のほうは、〈角星〉が写っていたので、方向がわかりました。手前にうつりこんでいるのは防潮堤の建設現場です。これからスロープのような形状へと工事が進むわけですが、背後の商店群とどのような関係となっていくのか、ちょっとわかりません。広告中の案内地図を拡大しておきます。クリックで拡大します。

地図

開店をこれから迎える店舗もあり、商店街としてはこれからの賑わい復活に期待していることでしょう。内湾商店街の復活を目指す多くの人の尽力によって、グランドオープンの日を迎えられたことはなによりのことです。南町そして魚町の関係者の皆様、おめでとうございました。

2016年8月9日ブログ「内湾の復興MAP」
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 南町紫神社前商店街 魚町内湾商店会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示