谷川さんの「言葉」

5月2日の朝日新聞夕刊掲載の谷川俊太郎さん「5月の詩」。


言葉


何もかも失って
言葉まで失ったが
言葉は壊れなかった
流されなかった
ひとりひとりの心の底で

言葉は発芽する
瓦礫の下の大地から
昔ながらの訛り
走り書きの文字
途切れがちな意味

言い古された言葉が
苦しみゆえに甦る
哀しみゆえに深まる
新たな意味へと
沈黙に裏打ちされて



毎月のはじめに掲載される谷川さんの「◯月の詩」。いつも楽しみにし読んでいますが、今月はとくに心にしみました。
新聞記事引用の著作権の扱いとかが気になりますが、朝日新聞5月2日付夕刊をぜひご覧くださいとのPRということで紹介させていただきました。

新聞ではルビがふられていましたが、ちょっと難しい漢字がありましたね。
「甦る」は「よみがえる」。「訛り」は「なまり」だそうです。「哀しみ」は「かなしみ」。わざわざ小田に言われなくてもわかってるって。だよね、失礼。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示