fc2ブログ

一年前のこと

昨日で仕事を納めたところも多いようで、今朝の東京は電車もだいぶすいていました。

昨年は30日午前9時ごろの新幹線で東京をたち気仙沼に向かいました。たしか、一関で大船渡線に乗り換えようと思ったら、ダイヤ変更か勘違いで一時間待つこととなり、特急バスに変更したんだ。

年が明けての元日は、ホテル観洋の温泉に行きました。母と兄夫婦、私たち夫婦の5人。休憩室でもゆっくり。そして5時からは「えびす振舞」(えびすぶるまい)で菊田裕美君(3年1組)、澤井充(みつる)君(4組)らと飲みました。カウンターのなかに阿部和義君(8組)がいたのもこのときだったかな。私は店にマフラーを忘れてしまい、翌日、預かってくれていた澤井君のところにとりにいったんだ。澤井君の家をこのとき初めてたずねましたが、被災していまはもうありません。

東京に戻ったのは1月4日。魚町の実家から近いので鹿折唐桑駅から乗車しました。今の鹿折地区の惨状はみなさんご存じのとおりです。

当時、母が気仙沼でひとり暮らしていましたが、すでに仙台のケアハウスに入居を申し込み、部屋があくのを待っていました。2月の気中20回生の還暦祝い会までは、気仙沼でなんとか頑張って、その後は仙台へという母の考えでした。
ですから、正月に家族みんなが気仙沼に集まるのはこれで最後かもねと話してはいたのです。そして6月にケアハウスに入居することができました。被災者優先の枠があったようです。

すべて計画通りといえばその通りなのですが、大きくなにかが違っている。
あれが、気仙沼での最後のお正月だったのだなあと。いまあらためて思い出しています。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

突然失礼致します。松中20回生の佐藤と申します。
松中→鼎が浦と進み卒業と同時に家族ごと仙台に引っ越ししました。

斉藤一くんがどこの校長先生だったか探しているうちにたどり着きました。そこには益男くんのお名前もあってうれしくなってまだ全部ではありませんがいろいろ読ませていただきました。

「あざら」なんてなつかしくて涙が出そうでした。母の得意料理で私も大好きでした。
「内ノ脇の子供達」にコメントしてる淑子って「ヨッチ」あなたでしょ!女だてらにPCにめっぽう強いヨッチ。そこに出てくるお名前も知ってる人ばかり。

2月の同窓会で本当に楽しい時間を過ごした1ヶ月後にあの震災ですから……
何もできない自分がはがゆくていたたまれない思いでおりましたがここを読ませていただいて故郷が少しずつ元気を取り戻していく様子がわかりうれしくなってつい書き込みしました。

これからも新しい情報を楽しみにしていますので無理のない程度に続けてください。

部外者なのに長々失礼いたしました。
ヨッチにはこの後久しぶりに連絡してみようと思います。

Re: No title

佐藤さん
コメントありがとうございました。はじめ君とか益男君と松岩でご一緒だったんですね。連絡がつきましたら、おふたりにもよろしく伝えてください。
「部外者」なんかじゃありませんよ。またぜひ松岩をはじめ気仙沼の話を聞かせてください。よろしくお願いします。
プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示