気仙沼市民総所得

8月19日の三陸新報に、気仙沼市が本年度の市民総所得に関する記事を掲載していました。個人の総所得額は712億円で、震災後最高となったとのこと。

8:19総生産
三陸新報8月19日記事の一部イメージ

記事内容を要約して紹介します。今年度の総所得額とは、会社員の給与所得や個人事業主、農漁業者らの事業所得、配当所得、不動産所得、公的年金といった雑所得などの前年分合計額とのこと。総所得額を納税義務者数(3万1060人)でわった1人当たりの平均額は約229万2千円です。ただしこれは、個人の実収入や所得水準を示すものではありません。

市民総所得額は2010年度に676億円ありましたが、震災の影響で2012年度は455億円まで激減しました。その後は事業所の再建による雇用回復、復興需要による人手不足を背景にした建設や土木を中心とした賃金改善などもあり、右肩あがりで上昇。昨年度は震災前の水準まで回復し、本年度はそれを上回りました。

この市民総所得の数字と、いわゆる〈景気〉の関係はよくわかりませんが、これまで同じ基準で算出されているでしょうから、景気の上昇との相関があるとみていいでしょう。市民の実感はともかくも、とりあえずは良いニュースだろうと思い紹介いたしました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 市民総所得

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示