映画「自虐の詩」

当日のご紹介になってしまいましたが、本日8月14日午後に、気仙沼出身者必見の映画がテレビ東京で放送されます。「自虐の詩(じぎゃくのうた)です。奇跡のどん底ラブストーリー!

自虐の詩

映画.COM/自虐の詩より(クリックでサイトにジャンプ)

◎自虐の詩
◎8月14日(月)午後1:35〜15:40
◎テレビ東京

気仙沼がなにかとお世話になっている堤幸彦監督の作品。原作は、業田良家(ごうだ よしいえ)さんが「週刊宝石」で連載していた4コマ漫画です。

なぜ必見かというと、中谷美紀さん演ずる薄幸のヒロイン森田幸江(さちえ)の出身地が気仙沼という設定で、映画にも気仙沼ロケで収録された多くのシーンが登場するのです。お神明さん(五十鈴神社)、八日町の廣野新聞店、入沢、浜見山、旧 月立(つきだて)小学校……など。

2007年10月に公開された映画ですから、そこにうつる気仙沼は震災前の風景です。なんてわかったふうなことを書いていますが、私もまだ見ていないのです。DVDも発売されて、テレビでの放映も一度あったように記憶しているのですが、見逃していました。今日の放送を楽しみにしています。録画予約完了しました。

テレビ東京なので東京ローカル。気仙沼での放送がないのが残念です。

2016年4月6日ブログ「堤幸彦気仙沼大使」


スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 堤幸彦 自虐の詩

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

みました!

こんにちは。
先程たまたまテレ東をつけたらやっていました。
はじめはこの作品の事がわからず、やけに気仙沼弁っぽいセリフだな〜なんて思いながらなんとなくみてました。
気になって検索してみると、やはり気仙沼が舞台の作品だったのですね。

私が見た時は作品の後半だったので、震災前の気仙沼を見る事が出来ませんでした…それだけがとても残念です。

検索したらたまたまこちらのブログを見つけたのでコメントしてしまいました!
これからもちょこちょこ覗かせていただきますね(^^)

Re: みました!

投稿、ありがとうございます。私は録画してみたのですが、冒頭に内湾の風景がうつりました。神明崎の浮見堂あたりからのながめは魚町で育った私にはやはりとても懐かしいものでした。もっとうつして欲しかったというのが正直な気持ち。勝手な願いとわかってはいるのですが(笑)。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示