「19歳の本棚」

〈ほぼ日〉サイトで河野通和(こうの みちかず)さんが、6月22日から連載している〈19歳の本棚〉をお読みになっているでしょうか。河野さんは、雑誌「考える人」の休刊に伴い新潮社を退社されたあと〈ほぼ日〉の一員となりました。

私は、毎週楽しみにしていた河野さんのメールマガジンが「考える人」休刊でなくなりさびしく思っていました。そんなこともあって、この〈19歳の本棚〉の開始がとてもうれしかった。河野さんが、19歳の人たちに読んでほしい30冊の本を選び、土日をのぞく毎日1冊ずつを紹介しているのです。

そして、きのう7月24日に紹介された23冊目の本を見ておどろきました。そこには、畠山重篤さんの「森は海の恋人」がありました。

森は海の恋人
ほぼ日「19歳の本棚」7月24日更新頁一部イメージ(クリックでサイトにジャンプ)

河野さんは、重篤さんと〈森は海の恋人〉について、短くも的確に紹介されたあと、つぎのように結んでいます。

〈東北・気仙沼の海と森の現場から生まれた爽快で、画期的な1冊です。〉

河野通和さんにこうまで言ってもらえると、私までうれしい(笑)。同書はいま文春文庫に入っていて読みやすくなっています。未読の方がいらっしゃればこの機会に是非。

4月12日ブログ「考える人への御礼」


スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 ほぼ日 河野通和 畠山重篤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示