滝田さんの地蔵尊

本日は4カ月も前の話になるのですが、「週刊現代」3月18日号の巻頭グラビアを紹介します。タイトルは〈俳優 滝田栄「仏師」として生きる〜大河ドラマ「徳川家康」の主人公はいま〉

左頁

見開き
画像は2点とも「週刊現代」3月18日号より

記事を要約するとつぎのようなこと。八ヶ岳の麓に自宅兼アトリエを構える滝田さんはいま66歳です。NHK大河ドラマ「徳川家康」で主役に抜擢されたのは32歳。そのときに演ずる人物像をつかむため、家康が幼少時を過ごした静岡市の臨済寺の門をたたいたことがあるそうです。仏像をはじめて彫ったのは43歳のとき。最愛のお母様を亡くしたことをきっかけに20cmくらいの観音菩薩像を彫りました。51歳のとき、舞台「レ・ミゼラブル」のジャンバルジャン役降板やテレビ番組「料理バンザイ」の打ち切りなどもあって転機を迎えます。そして2000年代以降は芸能活動を控え、仏像を彫る日々をおくっているのです。気仙沼に関する記事をつぎに引用します。

〈 高台に建つ「気仙沼みちびき地蔵堂」。安置された地蔵菩薩像は、東日本大震災で傷ついた人々の安寧を願い、滝田が制作したものだ。「座禅仲間が何人もいた気仙沼で何かできることを、と募金活動から始めました。今では近隣の方々が集う場になっている。よりよく生きようという気持ちが育ってきたことが、何よりうれしい」 〉(引用は以上)

この地蔵菩薩は、震災後4カ月で彫り上げたそうです。その後、多くの方々のご協力によって、気仙沼市立病院西側の後九条(うしろくじょう)地区に地蔵堂が完成しました。地蔵菩薩像が安置され、落慶法要が行われたのは2013年3月17日のことです。

私がこの地蔵菩薩像を拝見したのは、現在の東急プラザ銀座が建つ場所にあった銀座TSビルの2階でした。2011年10月7日から2012年8月まで、TSビル1階には気仙沼のアンテナショップとして親しまれた「銀座いきなり市場」があり、2階はイベントなどにも利用できるスペースとなっていました。ここに滝田さんが彫り上げた地蔵菩薩像が安置され、地蔵堂建立のための募金もおこなわれていたのです。俳優の余技とはとても思えぬ丁寧な仕事というかできばえに私はとても驚きました。

なお、「みちびき地蔵」という名は、奈良・薬師寺の村上大胤(たいいん)管主によって名づけられました。3月4日には。薬師寺さんが全国で開催している「まほろば塾」が、気仙沼市民会館でおこなわれています。

下記の滝田さん公式サイトには、週刊現代記事をはじめ、この3月の「まほろば塾」についての読売新聞記事も紹介されています。

見開き記事画像の右上にある写真は、年の瀬に滝田さんが気仙沼の人達と歓談する様子です。今年3月4日には震災の七回忌法要が催されたそうです。滝田さんと気仙沼の方々とのご縁が、こうした形で広がっていることを、とてもありがたく感じております。滝田さんをはじめ多くの関係者の皆様に心から御礼を申し上げます。

気仙沼みちびき地蔵HP
滝田栄/公式サイト
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 滝田栄 気仙沼みちびき地蔵

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示