小田の浜の海開き

気仙沼大島の小田の浜海水浴場の〈海開き〉が明日7月22日(土)におこなわれます。7月20日の三陸新報には広告が掲載されていました。

7:20大島海開き

三陸新報7月20日掲載広告の一部イメージ

21日の三陸新報によれば、ミヤコーバスは、この海開きに合わせ7月22日から8月20日までの期間限定で、バス路線に「小田の浜海水浴場停留所」を設けます。またフェリー乗り場のある浦の浜からの直行便往復5便も特別運行するとのこと。

最後に、海開きを前にしての本日7月21日のテレビ番組情報を。BS-TBS「伊達な旅紀行~いいトコ!みやぎ」で大島が紹介されます。宮城県の観光地や食材・物産などの魅力を紹介する5分ほどのミニ番組。〈夏は親子で大島へ!〉と題し、〈緑の真珠〉気仙沼大島での夏休みにぴったりの体験を紹介するそうです。

◎7月21日(金)午後8:54〜9:00
◎BS-TBS「伊達な旅紀行~いいトコ!みやぎ」
◎#281「夏は親子で大島へ!」

広告に掲載されていた大島/浦の浜に向かう船の時刻表を見ていると、気仙沼小学校に通っていたころの夏休みを思い出します。浦の浜からは人があふれんばかりの満員バス。帰りはバスの到着まで時間があれば〈歩いでいぐべ〉と。けだるさを感じながら歩いているうちにバスに追い越されて。そんな記憶もなつかしい。

しかしなあ、いまだに〈小田の浜〉を〈こだのはま〉と読むのはなじめません。行政としての呼称は別として、私にとってはいつまでも〈おだのはま〉です。どうぞ皆様、今年の夏は気仙沼大島に是非おでかけください。

2012年7月25日ブログ 「こだのはま」?
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼大島 小田の浜

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示