気高同窓会の報告

7月8日(土)は、気仙沼高校関東同窓会でした。会場はルポール麹町(麹町会館)。総会は午前11:30からで、気仙沼向洋高校と合同での懇親会がお昼すぎから3時ごろまでおこなわれました。司会は気仙沼出身のフリーアナウンサー佐藤千晶さんでした。

詳細は略しますが、来賓として出席された赤川副市長からの復興状況報告への参加者の反応をみていると、東京近辺に暮らしていると、気仙沼に関する情報を案外しらないのだなあと感じました。実家などがあって親や兄弟が気仙沼に暮らしていれば、いろいろと状況を知る機会もあるのでしょうが、そうしたことがないとなかなかね。それだけに同郷の方々が集まる同窓会の存在価値があるのでしょう。

懇親会では恒例の各校校歌・応援歌の斉唱がありました。その様子だけ順に紹介しておきます。まずは気仙沼向洋高校、私達の世代ですと気仙沼水産高校と呼んだほうがわかりやすいかも。

向洋

つぎに旧 鼎が浦高校。2005年に旧 気仙沼高校と統合しました。

鼎

続いて旧 気仙沼高校。つまり統合前。

気高

最後に統合後の気仙沼高校。まだ参加者が少ないので、小山淳校長はじめ関係者も登壇。

新気高

懇親会では、気仙沼市の副市長、市議会副議長、気高同窓会会長(本部)をはじめ、多くの来賓も出席していましたが、その中に気仙沼高校の同級生 西村明男君がいました。気高仙台同窓会の会長としての出席です。気高3年6組(理科系)で同級でした。大学では建築を学んで現在は(株)佐藤総合計画の取締役です。

今回の懇親会では、〈気仙沼音頭〉をみんなで踊りました。私も袢纏を借りて踊りの輪に入ったのですが、踊り方があまりわからず見よう見まね。しかし、気仙沼音頭を聞くと、懐かしい時間が戻ってくるようでとてもよかった。それと、ホヤぼーや登場の時間もあり、みんなと写真をとったり大変な人気でした。懇親会の報告はこれくらいにしておきます。

懇親会をおえて、私たちはほかの〈けせもい会〉メンバーの待つ新橋の居酒屋〈松竹梅〉へ。仙台から小山達朗君(気中3年9組)が参加してくれました。いつもありがとう。写真を紹介しておきましょう。

新橋

土曜日の東京は33度を超える暑さでしたが、麹町そして新橋と楽しい時間を過ごすことができました。同窓会の関係者の皆様には準備や当日の運営で大変お世話になりました。お礼を申し上げます。ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼高校関東同窓会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示