畠山スピリッツ

NHKでの日曜月曜と連続しての畠山重篤さん登場のテレビ番組、いずれもよかったですね。ただ、畠山さんが少し体調をくずしているのが気になりました。さすがに疲労もたまっているのでしょうか。とにかく、お身体をお大事にと思います。「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送は12月16日(金)午前0:15~1:03(木曜深夜)です。

さて、月曜12日発売のコミック誌「ビッグコミックスピリッツ」の人気連載『美味しんぼ(おいしんぼ)』にも畠山重篤さんが登場しているとネットで知り、今朝さっそく買ってきました。

ネット上にあった誌面画像 (@hiiragi1988)

第602話「被災地・めげない人々7」。
かつて取材した畠山さんの水山養殖場をふたたび訪ねるという設定です。前回取材の話は単行本第46集第2話「牡蠣の旬」に収録されているとのこと。
ホテル観洋を出発した車中で、山岡らは畠山重篤さんの母上、小雪さんが津波で亡くなったことを知らされます。そして、前回訪問時に小雪さんがつくってくれた美味しいホタテご飯を思いだします。
現場に到着後、畠山さんが山岡、ゆう子さんらを案内します。唐桑・舞根(もうね)の風景や被災の現場が大変ていねいに描かれています。

畠山さんは語ります。「海はぜんぜん壊れていないんですよ。牡蠣の餌のプランクトンも、もう十分にあるので、こじんまりと少しずつでも始めます。ただ、原発事故による放射能の影響が心配です」

話のなかでは、「森は海の恋人」の23年目の植樹祭が6月5日に行われることも紹介されていました。

舞根を出た山岡らはつぎに魚町の「福よし」へ向かいます。以前、日本一の焼き魚の店として紹介したのだそうです(86集3話)。案内する方が「福よしの村上健一さんはお元気です」と語りますが、はたして「福よし」の店はいま・・・・。
19日発売の次号にて(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示