77年前の気小校庭

本日も戦時期に気仙沼から戦闘機を献納した話の続きです。一昨日のブログで「目で見る気仙沼の歴史」に掲載されていた〈気仙沼町民号〉の写真を紹介したのですが、その隣にこんな写真が掲載されていました。

昭和15年頃の気小校庭
「目で見る気仙沼の歴史」(気仙沼ライオンズクラブ発行)より(クリックで拡大)

昭和15年/1940年ころの気仙沼小学校校庭です。説明文には〈正面の小山が現在の気中体育館付近。西校舎附近は谷になっていた〉とあります。以前にもこの写真を見ていたのですが、気仙沼中学の校庭風景と誤解していたかもしれません。しかし驚きました。気中体育館や図書館の場所がこんな小山だったとは。この写真は運動会みたいですね。小山に観客が群がっています。たぶん職員室の上階にあった〈作法室〉から撮影したのでしょう。西校舎というのは、写真の右側です。

当時の児童数はどれくらいだったのか。気仙沼市教育委員会のサイトで気小の沿革を見ると、〈昭和15年4月 東校舎落成 児童数3003名〉とありました。翌16年4月には〈気仙沼国民学校〉と改称されています。そして昭和33年10月30日時点での児童数は3413名。私たちが気小1年生だったときです。

戦後のいわゆる〈ベビーブーム〉で気小の児童数が多かったことは容易に想像がつくのですが、それ以前の1940年でも3000人超えだったのですね。いやはや驚いた。当時の気仙沼は、街のにぎわいもかなりのものだったでしょう。気小校庭を見下ろす小山から児童に声援をおくる気仙沼の人達を想像してみてください。ちょっと愉快な気持ちになってくるのは私だけではないでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼小学校

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示