同級生の店再開

12月10日土曜日、気仙沼の田中前2丁目12-3に「気仙沼さかなの駅」がオープンしました。佐藤淑子さん(3年11組)がさっそく行って、メールをくれました。

「10日は神山側沿いにできた「さかなの駅」のオープン。10分前の8時50分には花火が上がりました。平塚君のお店もあるので行ってきましたよ。仕事帰りの1時半ころだったのですが、駐車場も施設内もお客さんがいっぱい。平塚君も元気にマグロをさばいていました。
「魚が販売の台のここまであったのに売れて、午前中でなくなっちゃった。明日はどうしよう?」と嬉しい悲鳴をあげていました(^_-)-☆
11日の新聞には、平塚君の奥さん昭子さんの「9か月は長かったけど、こうして懐かしい顔にもあえてありがたい。一生懸命がんばらないと」と笑顔を見せていたとのコメントが紹介されていました。以上、報告でした 」

淑ちゃん、いつもありがとう。

三陸新報に「気仙沼さかなの駅」の広告がのっていました。平塚一信君(1組)の平塚商店(電話0226-24-1531)や、酒のサイシン、生鮮館やまひろなど、以前の水産物流通センターで営業していた店など9店が出店しています。社会貢献や地域活動の拠点としての「ボランティアステーション in 気仙沼」も設置されるようです。

「さかなの駅」NHKテレビニュース 映像も見られます。(配信終了)

9日の三陸新報には、斉藤(広沢)高史君(8組)の奥さん、みき子さんの店「喫茶 エスポアール」(電話0226-23-8666)が10日に営業再開するとの広告が出ていました。移転先は田谷11-1。気仙沼信用金庫南支店向かいです。いろいろ準備をしてやっと仮設店舗を開店することができましたね。高史君の仙台・利府でのジム再開はどうなったかな。あとで電話してみましょう。

10月3日ブログ「愛の復興大作戦」

平塚君、斉藤君。まずは開店、本当におめでとう。商売繁盛を祈ります。

どうぞ皆様、ぜひお立ち寄りください。
鰹・鮪・鮮魚は平塚商店。
喫茶・スパゲッティはエスポアール。

お待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示