「水切り」の記憶

6月11日の日曜日、TOKIO出演の「ザ!鉄腕!DASH !!」(日本テレビ)を見ていたら、なつかしい遊びを紹介していました。〈ご当地PR課〉というシリーズで、愛知県岡崎市の御影石をPRしようという企画。〈超跳ねる水切り石づくり 世界記録88回を超えられるか!?〉

石切り
「ザ!鉄腕!DASH !!」6月11日放送画面から

ちょっと平べったい石を海や川に投げて、ピョンピョン飛び跳ねるようにして遊ぶのが〈水切り〉です。〈石切り〉ともいうらしいのですが、気仙沼ではどう呼んでいたかなあ。テレビで〈水切り〉と呼んでいたので、そうだそうだと思ったのですが、ネットで〈石切り〉の名もあることを知り、ちょっとわからなくなりました。

気仙沼小学校から自宅に帰るときは、内湾の海岸通りを歩いていました。エースポートあたりからお神明さん方面に。海面に漁業用の電球が浮かんでいれば、みんなで石を投げて割って遊びました。集魚灯なのか大きな電球もあったりして、みんなで石を投げ合って。自分の石が命中してパカッと割れたときの満足感や優越感といったら、もう(笑)。

電球がなくても、水切り/石切りを楽しめます。岸にたくさんころがっていた石の中から5〜6センチのちょっと平べったいやつを選んで回転をつけながらサイドスロー。うまくいけば10回以上も飛び跳ねてから海にしずみました。番組によれば、毎年開催される〈全日本石投げ選手権大会〉(なんと開催県は宮城県)では18回が最高記録ですがギネス世界記録は88回とのこと。鉄腕!DASHでは、上の画像にうつる水切り名人のほか、元中日ドラゴンズ投手の山本昌さんも登場して36回の記録を出してくれました。

これは、ある種の〈昭和の遊び〉なのでしょうね。昭和30年代の内湾の岸付近には小石も沢山ありました。かなりいたんではいましたが、木造の桟橋がまだ残っていた時代です。何人かで家に帰る途中に〈水切りやっぺ〉とか言っていたのでしょう。鉄腕!DASHが、そんな小さなころの遊びを思い出させてくれました。

水切りで遊んだ当時の魚町海岸の写真をこのブログで紹介したことがありました。ひさしぶりに記事を読んでみると、〈岸壁沿いは未舗装だったので、石を拾って海に浮かぶ電球を割ったりできました〉と書いておりました。ついでに、同じ時代の魚町海岸で水を飲む少年の写真なども。ぜひご覧ください。

2013年11月22日ブログ「魚町のチンドン屋」
2013年11月15日ブログ「水を飲む昭和の子」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示