「モノマガジン」

本題の前に業務連絡。気仙沼大島架橋を担当した巨大クレーン船「富士」乗組員の一日に密着したNHK「プロフェッショナル」の再放送は、本日4月27日(木)深夜25:25からです。本放送を見逃した方は是非に。番組サイト内容が更新され、放送内容が詳しく紹介されていました。これもどうぞ。

「プロフェッショナル」番組サイト

さて本題。今日は雑誌の話です。一昨日のブログで書いた「メトロミニッツ」は、無料配布の雑誌でしたが、本日紹介するのは有料の雑誌「モノマガジン」4月15日発売の最新号です。総力特集は〈本物がわかる大人のHow To小屋〉。これまで2回にわたって小屋を特集して好評だったとのことですが、今回の第3弾は「夢物語りで終わらせない」をテーマにしています。その中で、気仙沼を拠点とする〈東北ツリーハウス観光協会〉の活動が紹介されているのです。

ものマガジン

表紙にうつるのはツリーハウス1号の〈DEKITA HOUSE〉。ヤマツツジでおなじみの気仙沼徳仙丈(とくせんじょう)登山口付近に建てられました。背景にうつるのがヤマツツジでしょう。特集ページでの〈東北ツリーハウス観光協会〉の活動紹介はこんな感じです。

ツリーハウス

糸井重里さんがツリーハウスのブランコで遊んでいますね。吹き出しに〈東北に100のツリーハウスを!〉というメッセージが記されていますが、この糸井さんのメッセージについてはこちらに詳しく書かれています。

なお、この〈MERRY〉と名づけられたツリーハウス5号は、気仙沼の廿一(にじゅういち)地区に大手通販会社(株)フェリシモさんを支援パートナーとしてつくられたものです。

記事では、東北ツリーハウス観光協会の斉藤道有さんの言葉も紹介されていました。このブログで道有さんを紹介するときは公式サイトでの記述にしたがって〈事務局長〉としてきたのですが、記事では〈代表〉となっていました。道有さんは、今年3月で6回目となった気仙沼〈3月11日からのヒカリ〉実行委員会の代表もつとめています。気仙沼の新しいまちづくりを牽引する若者のひとりと言ってよいでしょう。今回の〈モノマガ〉での紹介記事は、彼ら彼女らへの応援メッセージでもあるなと感じました。モノマガジン関係者の皆さま、ありがとうございました。

東北ツリーハウス観光協会/公式サイト


スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 ツリーハウス 斉藤道有

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示