大島の北限のユズ

きょう4月24日夜のNHK「プロフェッショナル」は、気仙沼大島の架橋工事が紹介されますね。楽しみです。ということで、本日は大島の話題です。4月16日の三陸新報に掲載された、大島での植樹活動の記事を紹介します。

4:16イオンゆず

三陸新報4月16日記事の一部イメージ

これは〈イオンこころをつなぐプロジェクト〉がおこなったもの。イオンさんはこれまでも、2013年から大島の亀山でヤマツツジの植樹を続けてくれています。そして今回は、大島の〈北限のユズ〉に着目したといいます。4月15日には、イオン従業員や市民らが、亀山の西部にある磯草地区でユズの苗木250本を植樹しました。5年ほどでの収穫を見込んでおり、〈海べの森をつくろう会〉などがジャムなどに加工して大島の特産品としてイオングループ店舗や市内で販売することを計画しているそうです。

記事には〈北限のユズ〉についての説明がありませんでした。調べてみると、陸前高田市が復興のシンボルとしてブランド化を計画しているのですね。気仙沼より陸前髙田のほうが北ですよね。まあ、〈ユズは宮城と岩手をまたぐ気仙地方が北限〉つうあたりでいかがでしょうか(笑)。

記事に記された植樹参加者のなかに、イオンモール(株)取締役会長でイオン東北代表の村上教行君の名もありました。同年会〈けせもい会〉のメンバーである村上君については、2月14日のブログでも紹介しました。イオンさんは、大島だけでなく、階上地区や唐桑地区でも植樹をおこなっていますが、村上君はいつもグループ社員を率いて活動に参加しています。なかなかできないことだなと。

これまでにブログで紹介したイオンの植樹支援の主なものを下に掲げておきましょう。いつも本当にありがとうございます。皆さまのご支援にあらためて御礼を申し上げます。

2012年10月18日ブログ「木を植えています」
2015年9月29日ブログ「イオンの植樹支援」
2016年2月17日ブログ「鎮守の森をつくる」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 イオン 北限のユズ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示