南町紫市場の閉所

気仙沼復興商店街「南町紫市場」は、4月26日(水)をもって閉所します。各店の最終営業日が異なるため、4月1日に閉所式と閉店感謝祭がすでに行われています。

三陸新報の4月14・15・16日の紙面には、紫市場に出店していた店舗の休業や閉店の広告が掲載されていました。(画像クリックで拡大)

4:14世界
三陸新報4月14日掲載広告
4:15勝子
三陸新報4月15日掲載広告
4:16あさひ鮨
三陸新報4月16日掲載広告

以上7店のお知らせは、あくまで紫市場での営業が終わるとのお知らせで、新店舗での営業はまた別の話です。たとえば割烹〈世界〉さんは、この広告でも5月上旬に新店舗を開店予定としています。〈あさひ鮨〉さんも新店舗開店までもう一歩という段階かと思います。

4月15日の広告で〈休業のお知らせ〉を掲載していた〈とんかつ勝子〉さんについては、4月13日の三陸新報に新店舗の情報がありました。気仙沼市が公募していたJR気仙沼駅前に整備する複合施設の商業施設への出店が決定したというのです。ハローワークも入るこの施設には2つの事業者が出店し、そのひとつが〈とんかつ勝子〉、もうひとつが〈働希舎かもみ〜る〉です。〈働希舎かもみ〜る〉さんは、障害者就労施設と併用し、手作り小物や弁当、総菜、自社製ジャムなどを販売するとのこと。施設の供用開始は1年後、来年4月です。

三陸新報に掲載された7店の休業、閉店、営業終了のお知らせ。その広告の体裁は同様ですが、各店が抱える課題や事情はさまざまでしょう。〈南町紫市場〉は2011年12月24日にオープン。公式サイトには開店予定店舗数51店舗と記してありました。この6年4カ月の間、各店舗の方々、関係者の方々には多くのご苦労があったことと思います。皆様方の今後のご健勝を願うばかりです。


スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 南町紫市場 気仙沼復興商店街

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示