岡本優子さん

これまで、気仙沼出身のミュージシャンとして畠山美由紀さんや熊谷育美さんを紹介してきました。今日は、ジャズピアニストの岡本優子さん。
優子さんは1984年生まれ、私たちの一年先輩岡本寛さんの娘さんです。寛さんは、岡本製氷の代表ですが、気仙沼商工会議所副会頭、そして気仙沼市震災復興会議委員のひとりでもあります。

岡本優子さんはボストンにあるバークレー音楽院を卒業。ジャズが好きな人なら誰でも知っている有名なカレッジです。その後は、ニューヨークで演奏活動をおこなっています。

そして優子さんは11月4日に帰国し、3カ月ほど滞在の予定です。彼女のブログによれば、11月11日の南町・バレンタインの再開ライブにも招かれて演奏しました。「お客さんは、ほぼ還暦を迎えている人が中心」だったとのこと。店内の雰囲気が目に浮かびます(笑)。

また11月17日には、気仙沼小学校でも子供達のために演奏会を行っています。これは、気小に義援金約25万円を持参する前日に教頭先生から依頼があったのだそうです。義援金は、ニューヨークの小学校3校から被災地の小学校に直接届けてくれと頼まれたものに優子さんがウクライナでおこなったチャリティーライブなどで集まったお金やCDの売り上げの一部を合わせたものです。

震災が起きたあと、すぐ帰ると言った優子さんに、家族が伝えた言葉が印象に残りました。子供の気持ちも、親の気持ちも、両方よくわかります。

「そっちで頑張るあんたが今の岡本家の唯一の希望なんだから」


岡本優子さんのCDのタイトルにもなっているオリジナル曲「Sweet Home」がユーチューブにアップされていましたので是非お聞きください。ウクライナの国際ジャズフェスティバルでの演奏です。



岡本優子さんのブログ
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

岡本薬局

岡本さんの家はもともと、我が写真館の通りにありお母さんが薬局を営んでおりました。子供の頃に家に遊びに行った事もありますが、寛さんが頑張っている姿を見ると良いなと思います。娘さんがバークレーですか。素晴らしい! 活躍する世代も変わっていきますね。
ところで和夫君はfecebookも始めています。お暇な人はご覧ください。

Re: 岡本薬局

和夫君、ありがとうございました。我々の時代はバークリー音楽院と呼んでいましたが、いまはバークリー音楽大学というらしいですよ。時代は変わる。

気仙沼スマイルでも

本吉復興祭でも一度拝見致しましたが、気仙沼スマイルも楽しみにしています。
若い方が地元の為に頑張っている姿は本当に希望です。私も地元で頑張って商売していますが、励みになります。
ライヴ楽しみにしています。

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/64~65歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示